Hp Contents

Home

青梅のあらまし
青梅のマップ
名所・旧跡
美術館・博物館
青梅の古民家
青梅のこよみ
青梅の橋
青梅の街路樹
     
私のあらまし
私のつぶやき
まゆちゃんの部屋
ホスピス考
Link HP
青梅に光通信網
     
イベント情報
今週のスナップ
青梅市観光協会hp
御岳山観光協会hp
定点観察
  永山公園
  釜の淵公園
  吉野梅郷
  好文橋界隈
  御岳渓谷
  市街地散策
青梅マラソン大会 
私のギャラリー
  Home
  Map






 Index

  8.26  アテネ
2004
  6.3  老い
2003
  7.18 日本の自信
2002
 
5.25 小泉内閣
  1.28 
2001
  8.5  中断
  5.27 神の国発言
  3.26  善悪 その2
  3.26 善悪 その1
  2. 5 幼児言葉
  1.13 庄司紗矢香さ      ん
2000
   11.10  景気の行方
  11. 8  情報提示の蔭に
    7.15 政局雑感 
  5.28 窓口
  2.12 青梅マラソン
1999
  9. 2 怒りはどこへ
  6. 3 道路工事
  6. 3 番組へのご 意見
  4.11 子供達の輝く目 
  4.11 自然の息吹に思う
  3. 7 高齢者社会
  3. 6 官僚も横暴
  2.15 アナウンサーさ
ん        しゃべらないで
  2.14 マスコミの責任
  1. 3 2000年に思う
1998 
 11.21 スポーツ選手へ
        のインタビュー
 11.20 虚像
 11.10 晴れ上がった
       
紙面
 11. 9 叙勲
 10. 8 政治情勢悲話
  9. 7 大国の哲学
  8.15 オーケストラの
思       い出
  5.30 火だるま改革
  5.24 プロ野球雑感
  4.27 平和的解決
  4. 6 政党
  3.15 議員さん
1997

・・・・・>  Home へ

私のつぶやき  (日付け逆順)

更新  04/08/26 >>以後都合により中断中<<


 まえがき

つぶやきと題しましたが、時折うれしかったり怒ったりが激しいときは、それを誰かと共有したいと思うときがあります。そんなことを記します。共感するところでもありましたら、メールをください。お前の考えはおかしいと言うのでももちろん結構です。
このページは、実はひやひやものなのです。


No.38 2004.8.25 アテネ

 発祥の地での開催、日本選手の歴史的な活躍などで沸いているオリンピックも終盤を迎えます。テレ
ビで周辺の情報まで伝えてくれるのでなかなか楽しい。 ひとつ感じたことがある。国を思う心である。
サッカーワールドカップもそうであったが、誰もが日本が勝てばいいと切実に思う。自然に湧いてくるも
の。選手側も、特に団体競技の人たちは日本を勝たせるために戦う。悔しくて泣いたりもする。自分が
命をもらった土地、父母のいる土地をいとおしく思うのは当たり前。こんなに一杯国旗を見たのもめず
らしい。戦中派の私は愛国を知っている。でもそれとは違う確かなものが、多くの人の心に内在してい
る事実に気がつきました。
選手へのインタビューで、紙に書いたことを質問するアナウンサー。選手の方も一生懸命それに合わ
せて言葉少なめに話す。でもあの愛ちゃんは少し違っていたようだ。15歳の心の中にこびることのな
い選手のプライドから出るコメントが聞き手の意表をついた。インタビューはいつも無神経な聞き手に
よってさめた思いにさせられることが多い。オリンピックで勝利することはそれだけの努力の積み重ねが
ある。それに対する畏敬の念が基本になくてはならない。できればスポーツの厳しい面を体験したひと
に聞き手になって欲しい。民放についてはそれぞれの事情があるので!・・・・・・・

No.37 2003.6.3  老い

 永いこと中断してしまいました。 少なからず気力が低下し、自分の思いをわざわざ世の中に披露
することが億劫になってきたことは確か。 このところ続けてきた仕事も暇になってきて、熟年者はお呼
びがかからなくなってきて、家にいるようになると、「テレビ」に接することが多くなってきました。 そこに
は朝晩に見られない情報が飛び交ってます。 放送局も世論調査とか動向調査などして、聴取者の意
向を踏まえて流している情報なのだから、それを通しておおよその聴取者の顔が見えることとなる。
世の中の常識?から随分ずれている自分を発見する。 それは、多くの番組が東京都心に生活する者
の感覚で発信されていることに気がつくのです。ここ青梅と言えば東京の西の端っこ。 また、都心の
ベットタウンに近い位置を占めていて、都心への通勤・通学者も多いし、買い物やいろいろなイベントな
どに割合頻繁に都心に出かける人も多い。最近までは、私もこんな人でした。 だが、晴耕雨読みたい
な生活をしていて、あまり出ることもなくなった昨今、テレビから流れるドラマや生活情報番組、「トーク
番組」などは都心の生活者を描き、都心の生活者の立場から都心の生活者向けにトークしているのに
違和感を感じるときがある。一極集中という言葉は最近あまり聴かなくなった。それでいいということで
もなさそうだが。地方分権が進むとすれば、価値観も多様化して、マスコミをを困らせることにならな
いだろうか。今都心への憧れを追う若年層が多極化することはないだろうか。

No.36 2002.7.18 日本の自信

現在天皇・皇后両陛下は北欧の表敬訪問をされている。私はこの両陛下をテレビで拝見するたびに、感激に似たものがこみ上げてきます。確固とした気品と穏やかさのなかに、時折微笑みを誘う会話などはお二人だけのもので、他の人に決して真似のできるもではない。特に皇后のお振る舞いはその場その場の理に叶った、しかも限りない優しさを表現されていて感動させられるのです。勿論約束事にしたがって居られる部分もあるのでしょうが、むしろお二人のお人柄として感ずる部分が非常に多いのです。  外国の国王や高官などに対面するときのお二人はいつも気品と穏やかさを失わず、立派です。             
そこに日本のいいところが凝縮されていて、現代日本の象徴を見るような、誇らしいものがあるのです。誰もが納得するようなあの皇后のファッションの役割もあるのでしょう。外国の人達が同じ感じで見ているとすれば(そうに違いないのだが)、私は日本人に生まれて良かったと思います。
 私は、日本の政治家が同じような場面に立ったとき、足早で落ち着かない、握手して不必要に小刻みに振ることしかできないような、こちらが恥ずかしくなるような場面を見るとき、日本は大国なのだろうかと疑いたくなるのです。 多くの政治家が気持ちに余裕をもって、外国人と対等に渡り合えるようになるのはいつのこと。

No.35 2001.5.25 小泉内閣

 小泉内閣の支持率が記録的に高いとマスコミ。政治に関する情報は、我々は殆どマスコミでしか得る
ことは出来ない。マスコミの責任はとても重い。国民の政治意識はマスコミの良識の上に構築されている
としたら、怖い面もある。わたしは、マスコミが支持率ー統計ー数字を提示するにあたっては、もっと統計
手法などそこまでに至る経過や根拠を詳細に付加すべきではないかと思っている。示された数字は、ま
た次の意識を引き起こすわけだから。小泉総理の最近の国会のやりとりは、素直に言って良い気分にし
てくれる。議論があるように感ずるからである。変わったという印象がする。他の閣僚もそうあって欲しい。
私がいま注目したいのは、官僚組織が今後効率的で柔軟な組織に変わっていけるのかどうかである。時
代の変革を察知して、自らの体質を変えようとする真摯で優秀な数多くの官僚の出現を夢見ている。

No.34 2001.1.28 命

1月26日 JR山手線新大久保駅のホームでショッキングな出来事が起こった。1人の男性がホームか
ら転落。それを助けようと2人の男性が飛び降り、折しも迫ってきた電車に間に合わず3人ともはねられ、
亡くなってしまいました。助けようとした男性は、47才のカメラマン関根さんと24才の韓国からの留学生
李さん。 この3人はお互いに何も関係ない人達。私はその時の様子をいろいろ思いめぐらし、何とも言い
様のない苛立たしさに似たものを感じています。報われなかった究極の善意。私がそこに居たらどうした
か。恐らく2人の人はどうしようかと自分の意志の選択の余裕もなく行動したのでしょう。日常生きる中で
常にそうゆう汚れのない美しい素地を持ち合わせていたに違いない。でなければ咄嗟に行動出きるはず
もないでしょう。謹んでこのお二人に対しご冥福をお祈りします。
私は以前にこのページで、世の中には悪の事件と同じくらい善の事件があるはずだ・報道はどうしてこの
善のニュースをもっと取り上げないのだろうかという趣旨のことを書きました。この1月26日の出来事が、
今の社会情勢に投げかける意味は計り知れないものがあるのに、報道は通り一遍の取り扱いしかしてい
ないように思えてなりません。今日になって韓国の留学生李さんのホームページへの様々な書き込みが
20万件を越えたとあります。テレビによるとその多くは若者の賞賛と感謝の意を表するものであると言う
。これはせめてもの救いでしょう。

No.33 2000.8.5 中断

随分永いこと「つぶやき」の更新をしていませんでした。ここに記入すると言うことは、結構思案と決断を要
するのです。考えが纏まらないうちに次の問題が発生するので、少々面倒になってしまったと言うことも
あるのです。森総理もいけないのです。それに連日の暑さも私の脳のきれを鈍らせるから。気管支に異常
が見つかり、静かな,でもありありと自分と闘っている様子がうかがえるメールを、若かかりし頃野球に、遊
びに、仕事にともに熱中した友人から貰った。彼のこととして考えるのも、私のこととして考えるのもなかな
か難しく、昔言いたいことを無遠慮に言ったような気安さも出ないでいるのです。まだ、友人らしい心のある
返事を出していないのです。年月の経過がそうさせているのか、私の中に人間らしい若さが消え失せてし
まったのか。哲学のない人間に成り下がってしまったのか、このところ自問自答がつずいています。しかし
、何も言わなくていいのではないか、これだけ彼を思っているなら顔を見せ「やああ」と言うだけでいいので
は。今日車の中でそう思いました。彼の体調のよい日を選び食事でもしよう。 やっと「つぶやき」をしたた
めることとなった。


No.32 2000.5.27 神の国発言

全く信じられませんでした。森総理大臣が或る会合で「日本は天皇を中心とした神の国である。」と言った
という。前後のいきさつはいろいろあるにしろ、確かにマスコミが言っているように問題です。さらにおかし
いのは国会で「誤解を与えてしまったことは遺憾である。」と言ったという。誤解?誤解?日本語になって
ないのでは。この人の強烈な自己顕示欲は、歩き方や物腰やしゃべり方に出ていて、同じお仲間の中で
はいい格好をするだろうと想像できる。多分このような解放された気分で、思い切ったサービス精神を発
揮したに違いないと、私は思うのです。ぶちわった話なのです。多分、本音に近いものでしょう。ニュース
を聞いたとき直感的にそうおもいました。ついに、国民の前に、世界の前にマスコミをとおして傲慢な総理
が写し出されました。気恥ずかしいような、いやーな映像でした。


No.31 2000.3.26 善悪 その2

   削除

No.30 2000.3.26 善悪 その1

私達の意識と知識のなかには善と悪が渦巻いていると言えます。勿論、「人間とは何ぞや」から始めな
いと正くは言えません。仮に社会規範に照らし合わせての善悪としましょう。大方の人は善の側に生き
ていると思っています。でも、この場合の善悪の境界は幅があり、時にはこの辺を右往左往しなくてはな
らない事もあるようです。人間模様などという言葉はこの辺から出てくる。最近マスコミで目立つのは、知
らない振りをして密かに(或いは平然と)悪の側に踏み入れた事例。また、周囲がやっているからという、
自分社会の規範と取り違えている例。 行政官は規範のプロです。だから実績にはミスは許されないとい
うしがらみを背負っている。それが、隠蔽という方向にむかわせるのでしょう。せめて善悪の境界線のこ
ちら側だけにしてもらいたいものです。


No.29 2000.2.5 幼児言葉

「幼児言葉」という言葉が聞かれるようになってから、相当年月が経っています。また、相手に同意を求
めながら話される言葉、「・・じゃあないですか。」や「・・・・・・・・?、・・・」などは数年前から常用的に使
われるようになりました。 さらに、並列的な表現を「・・や」などではなく 「・・とか」を使うようになりました
。 これらは意味が分からないのではなく、伝統的な言い方とは少し違うだけのものといえましょう。 東
京の渋谷や新宿などで若い人たちが使う言葉とは異質のもののようです。 テレビ画面やラジオから知
る限りでは、幼児語はもはや中年のお母さんまで広範に使われる。 一般的な女性が社会に盛んに発
言するようになったことと、少し関係があるのではないかと思っています。 「・・でーす」または「・ ・です
ツ」などは、多分幼稚園や保育園などで幼児に使わせていたものでしょう。(どうしてこうなったのかわか
りませんが) 教育熱心なお母さんたちが家庭でもそうした雰囲気で躾をして行くうちに、社会に出てき
たのでしょう。 お母さんたちが、かわいく「・・でーす」などと話しているのはいいのですが、子供が脇に
いないときや自分の意志をはっきり伝えたいときは、きれいな成人語を使って欲しいものです。


No.28 2000.1.13 庄司紗矢香さん

 クラシック音楽の世界にコンクールがあります。いわゆる一流となるには、ここで実績を残すことが重
要とされています。 本番に強い人、弱い人またはテクニック面が勝っている人、内面性が勝っている人
などが、ここで一応のふるいにかけられることとなる。 一流を目指す人となると、四歳とか五歳からの
積み上げがあるのが一般的です。発表の瞬間の会場のどよめきと、入賞者のドラマチックな表情など
テレビなどでみる度に感動するものです。 一方優勝しなくてもまたは入賞者でなくても私には心に残る
演奏を聴かせてくれた人が居ます。 でも、上位入賞者はその後の活動の道が大きく開けるといわれて
います。 どの人間の世界にもこのテーマは付いて回るようです。
1999年度のパガニーニコンクールで、弱冠16歳の日本の少女が史上最年少で優勝。 優勝該当者
なしということも希ではないこのコンクールで獲得したことは立派。 バイオリンは弦を馬の尾の毛を張
った弓でこすって音を出す。 肉体的な能力も相当必要とされ、バランスのある音はなかなか出ない。 
でもそれだけ内面的なものを音に乗せやすいということはいえるかもしれない。 庄司紗矢香さんは、音
ののびのびした力強さと透明さを併せ持ち、大人顔負けのスケールの大きさを感じさせます。 イタリア
で幼少期を過ごし、近くのカンツオーネの学校から聞こえてくる音楽を聴いて育ち、音楽が好きになった
こと、教育は普通校に通ったこと、作曲者の意図を大事にしながら、自分とバイオリンが一つになり、皆
さんに感動を与える演奏をしたいことなどを、テレビのインタビューではなしている。 きれいな洗練され
た日本語で自分の意志を語る紗矢香さんに感心しました。 バイオリンでは以前に五島みどり・諏訪内
晶子さん(チャイコフスキーコンクール優勝)が世界で活躍しています。 共通していえることは、自分
の哲学を持ち、または持ちたいと音楽以外のことでも自分を高めようとしていることでしょう。テレビから
流れた紗矢香さんの音が未だに耳に残っています。

No.27 1999.11.10 景気の行方

一頃の政界・マスコミは景気対策について近年にないような論争を展開し、いろいろな手がうたれ、また
、それに対する論争もすごかった。下げ止まりという堺屋長官の発言があってからそのトーンが下がっ
ている。その落差に驚いている。その代わりは介護保険制度でしょう。確かに論議が不十分ではあった
かもしれないが、成立した制度に党の責任あるひとが混乱を起こすような発言。西村氏の強姦発言に
ついでびっくりしたものです。小渕総理・総裁の指導力云々だけではなく、連立政権をめぐる一番悪い
事例なのでしょう。政党政治の危機としか考えられない。私も手当てが払えないという理由で、工場の
仕事を打ち切られた。正社員だけで頑張るというのです。このような零細企業のことやいろいろな形で
介護に当たっている家族などの実態を、政治家・官僚・マスコミは正確に把握して欲しいものです。
ハロウワークには人ばかり。再就職はほとんどの人にとって賃金低下となるそうです。ただ、小学生の
将来希望は男では大工さんが一位だそうで、子どもの教育面では変化が!バブルに乗ったような、
みながホワイトカラーを目指すようなものではない方向に行くのなら、不景気も浮かばれる。

No.261999.11.8 情報提示の陰に

私のHpもそれほど多くはないが、いろいろな方が訪問してくださっている。同時にメールで感想や励まし
の言葉などもいただく。先日、XX山はどこにありますか? と近県に住む方から問い合わせがあった。

正直言って、初めて聞く名でした。オンラインMapにもなくドライブMapにもなく、市で出している市内を
歩く本で見つけました。OO山の別名であるような説明があったので、OO山と道順をお教えしました。
その方はその週末わざわざ来られて登られました。ところが、それらしき頂上がわからなかったという
メールが届きました。知人に聞いても要領をえないので、図書館で調べました。ハイキングの案内書で
やっと位置がわかり、OO山とは別に隣にはっきりと記されていたのです。その方には丁重にお詫びを
申し上げましたが、自分で公に発表し、しかも青梅をすべて知っているかのような印象を、このHpが与
えているのではないだろうかと、自問自答していました。でも、これでいいのだと、思うようにしました。
このかたと何回かメールの往復があったことが、むしろ有意義であったと思うのです。別の方のその次
の質問には、十分吟味してお答えしました。これからも、その都度さっきの方のことを思い出すのでしょ
う。もっと、青梅を知らなければ。


No.25 1999.7.15  政局雑感

かって今の自由党の小澤党首等は自民党と決別した。でも、いまは小渕自民党総裁とテレビの前で堂
堂とした態度で握手をしている。たしか二大政党の実現に不退転の決意で望んだはずであったのに。
今の政治の弱さの象徴であろう。G7と言うと私は日本の首相が一列に横に並んだ各国の代表のどこ
に立つのかに興味を抱く。かって、中曽根首相がレーガンと並んで中央に立ったことがあり正直ある種
の感動が湧いたのを思い出す。沖縄G8では日本の誰かに是非片隅ではないところに立ってほしい。
軍隊はないけど、経済大国と言われ、それなりに貢献しているのだから。そうすることが国民に勇気と
安心感を与えることにならないだろうか。政治家不信への払拭につながる。他の代表と直に意見を交
換する光景も見たいものである。


No.24 1999.5.28 窓口

私は大学の図書館の仕事をしていました。カウンターに立って学生さんのリクエストに応じることもあり
ました。サービス業務では、図書館に限らずこちらの情報をあらかじめ印刷物や掲示などでPRするこ
とが欠かせません。しかし、このような情報は期待しているほどは見てもらっていないのが実状。担当
者としては、時々腹立たしくなることありますが。 この間、市役所の高齢者福祉課にお世話になるこ
と(私の母親の件)がありました。
日頃市のサービスについて真面目に頭に入れてない私でした。自分なりにこうなっているはずだという
思いこみで窓口に行きました。結局は別のサービスセンターに相談するようにということになりました。
何の疑問もなく指示に従いそこに行き、親切な説明を聞きました。でも、条件が合わず、サービスを受
けにくく断念しかかりました。 別の情報から、私が受けようとするサービスが市の同じ窓口で事足りる
ことがわかりました。
これは、私にも悪いところがありました。でも、市の窓口でももう少し私が何を求めているのかの判断を
、寛大に受け止めてくれたらなあとも思います。これからは、私以上に表現力の乏しい人が多く訪れる
はずです。 地方分権の拡大・高齢化社会の到来などを思うとき、市の対応は大変だと思う。我々高
齢者も図書館のシステムを理解する以上に、市のサービスをよく頭に入れなくては。置いて行かれ
そう。


No.23 1999.2.12 青梅マラソン

私は転勤に伴う転居を五カ所以上、定年退職後を入れると七カ所の職場を経験し、そのほか出張など
でいろいろな土地を訪れました。そこで「どこの生まれ?」などと聞かれる。青梅と言う。次に「ああ、マ
ラソンの?」と返ってくることが多い。 退職後この地に帰郷し、はじめて見物してなるほどと思ったもの
です。たいして広くない青梅街道を地響きをたてて、道一杯になって、まるでアフリカのヌーの大群(失
礼)を連想させられるようなランナーの帯が、はてしなく続くのです。曲がり角の電柱とガードレールに
は布団が巻き付けてあるのです。スタートの先頭とどんじりは1Kmもあると言われます。最近では参
加者は15.000人に絞られました。それでも、沿道では見物の人よりランナーの方が圧倒的に多い
のでランナーに見物されてる錯覚が起こります。一時抽選漏れでどうしても参加したくて、裏口の手を
いろいろ考えたという噂も聞きました。現に「おまえの顔でどうにかならないか?」などと見当違いの電
話を何回かいただいたことがある。最近参加者同志がインターネットでもいろいろな交流を持っている
ことを知った。私から言わせてもらえば青梅マラソンは「見るより走る。」である。参加して同志を意識し
、地元の人と交流を持ちまた美しい自然の中にいる自分を幸せと思う。
今年もその時期となった。試走する人々が後を絶たない。はあはあ言っているが幸せそうです。

No.22 1998.9.2  怒りはどこえ

西の方からミサイルが飛んできた。そして日本の国土を越えて太平洋上に落ちたという。政府がコメン
トを出したのはずいぶん後だった。さすが?海上保安庁の巡視艇が把握していたと後から報道された
。やっぱり軍隊を持たない我が国はアメリカあたりとはずいぶん違う。この失礼な行為にあちこち相談
して「極めて遺憾である。」と国の意志表示をした。人にいきなり石を投げられ、どうしようどうしようと
人の顔色を見ながら「これはいけないことです。」と言っているようなもの。自衛隊の予算は毎年厳しく
このようなときの手だてまで整っていないのだろうかと言うのが疑問の一つ。アメリカや韓国と連絡を
とりながら対応をするのは当然だろうが、なぜその前に「おいやめろ。あぶないじゃないか。」ぐらいは
言えないのだろうかというのが二つめの疑問。いつも自分の判断ができないのには腹だたしい思い。
民放のラジオを聞いていた。小渕さんは来客中にこの知らせを聞いたが、何も指示を出さなかったらし
い。官僚の指示でしか動けないのではと心配になる。

No.21 1998.6.3  道路工事

世間は不景気であえいでいる。車の運転者も不満を抱きながらの運転であろう。そんななかで道路工
事が目に付く。同じ所を二三年かけて繰り返しほじくり返される。たまらないのは渋滞である。少し前
にきれいになったので終了と思い安心して通ろうとすると、突然車が並びびっくりする。交通整理の人
こそ大変で、みんな睨んで通る。予算の使い方もそうであるが、役所の工事計画をもっと深く、綿密に
たてられないものか。工事のためにどれほど迷惑が及ぶか計算したことがあるのだろうか。人の苦痛
を金額にかえるのは難しいが、ひとりひとりの心情を思うと相当マイナスを与えていると思う。仕事に
おくれる、約束に遅れる、閉店になってしまったなど色々な苦情を生み出しているのだろう。昔は工事
するのは人の力に頼ったので、思わず「ご苦労さん。」などと言いたくなったもの。今は機械がはばを
きかせているので、どうしても通行者としては邪魔扱いになるのかも。こんなことを考えながらの家路
となった。
No.20 1998.6.3  番組へのご意見
この間手伝いに行っていた会社から「もう結構です。」といわれ、また家にいることとなった。テレビ 
をのぞくことが多くなった。 特に昼間の民放の横並び番組が多いのにいまさらながら驚く。      
また、特にNHKに多いのは、特別番組などで「皆さんの意見をお寄せ下さい。」というのがある。Fax
か電話で収集しそれをその番組の途中でで紹介すると言うのである。機械がずらっと並んでいる。恐
らく何百件・もしかしたら千台の意見が集められる。でも、紹介できるのはどう考えても二桁台の数だ
ろう。それも、スタッフが選んだものであろう。後の残りのものはどうなってしまうのだろうか。私はいつ
も馬鹿にされたような気持ちになる。名前・住所・職業などが書れている。NHKとして他に使うのなら
それなりにことわるべきである。その番組のためにだけ使うのなら少し大袈裟すぎるのでは。     

No.19 1998.4.11 子供達の輝く眼

私の身内や親戚にも教鞭をとっている人またはかってやっていた人がいる。近年大変で、我々の想像
を越えた仕事をやっているようだ。中学生のナイフ事件は驚きだったが、その矛先は教育現場にゆく。
マスコミも文部省も。最近学校関係者以外の人を教室に呼んで授業を行うという番組が放映されてい
る。以前にもNHKでやっていた。多少生徒側にも演ずる感じもあったが、生き生きとした目が印象的
であった。有名人?になるにはそれなりの努力があったこと、元は誰もはな垂れであったことなどが体
験出来るのである。ここでは教わるのではなく理解するのである。一流の画家でなくとも、落語家でな
くとも巷にいくらでも先生はいる。学校は勿論、地域の子供育成の場などでもやったらいい。教育委員
会や校長などの判断で日常的に行えたらいい。と思った。

No.18 1998.4.11 自然の息吹に思う

今青梅の森や丘陵の景観は変化をしている。芽吹きの真っ盛り。この一週間いや二三日の出来事で
はなかったろうか。旧市内から南を見ると、多摩川の向こう側の丘陵は黄色・緑などに白色で薄めた
絵の具で掃いたような景色になっている。畑中・梅郷などの裏山にはそれに山桜が混じり美しい。
月並みではあるが自然の営みと年月の進行を感じ、宇宙のまわっていることなど一瞬ではあるが思う
のである。昨年このHPでもこれを伝えることにやり甲斐を感じたことを思い出す。「定点観察」のペー
ジではいろいろ工夫もしたが、レスポンスタイムと解像度で限界があった。同年代の方には理解が及
ぶと思っているが、若者に伝えたい気持ちで一杯である。

No.17 1998.3.7 高齢者社会

少子化と高齢者社会。私の身の回りにも結婚をしない若者が大勢いる。私の子のことを思うと心配で
ある。どんな世の中になるのか予想も付かない。 今何兆円もの金をつかって目先の対応におわれて
いる。でも、この様な若者が家庭に憧れをもち、結婚をし、子をなし人を愛することが幸せと思えるよう
になれることに(そのようなことがあるなら。)予算を注ぎ込むことも大事では。 昔、女性の政界進出
は産児制限から始まったと思う。(?) 昔に較べれば今は暮らしはどうにかなる。あとは若者一人一
人の人生哲学の問題。文部省も無力。学校にハッパをかけるしか出来ない。どこかの国では奨励金
をつんだ? 世の中は真っ暗でござんす。
いや。長野オリンピック・パラリンピックでは希望を湧かせてくれた。ラジオでこの両者は一体的に開
催すべきだといっている著名人がいた。その通りと言いたい。現在では分ける意味がない。
お父さんの復権などともいわれる。失礼ななどと言っているお父さんはそこいら中に居るはず。


No.16 1998.3.6  官僚も横暴

証券会社と大蔵省官僚の不祥事。考えてみるとこのような不祥事は五十年体制以来も延々と続いて
きたことではないか。一般国民からすればどしどし摘発して欲しい。また、他の省庁にもそれが及ぶ
ことも。一部のキャリアといわれる特権を持ったものが法を越えてそれを乱用することは不愉快。
また、いま中小企業などが苦境に立たされている。資金繰りがつかず倒産する。一方、多くの銀行は
どうだろうか。銀行員の年俸がいいのは知っていると思った。でも最近の報道によれば私の予想を遙
かに越えた額だった。今回の公的資金の流用がどのような結果をもたらすかわからないが、多くの銀
行が受け入れの希望を出したという。しかも融資希望額も横並び。また、住専問題のことが頭に浮か
ぶ。銀行は結局どうにかなるのである。
大蔵省関係者の反対があり、火だるま改革が腰砕けになり、絶対な権力を保持することにやっきとな
る大蔵省。私は、橋龍さん、加藤幹事長、山崎政調会長などの顔を見るのもイヤである。このつぶや
きもやめようかと思った。    一国民の私のこの感想が多くの人々の気持ちではなかろうか。


No.15 1998.2.15 アナウンサーさんでしゃばらないで

長野冬季オリンピックでは様々の感動がわき起こっている。多くを語るつもりはない。スポーツだから。
だがまた報道については言いたいことがある。メダルをとると途端に報道はその人に限られてしまうの
が不満である。スケート500mの堀井・島崎、ラージヒルジャンプの岡部などは感動を与えてくれた人
たち。モーグルの白馬高校の2年生もそう。「オリンピックはメダルの勝負」と割り切ってしまいたくない
と思うのは私だけだろうか。ジャンプの船木が花束を応援の観衆に投げ入れたら、だれに? 誰か特
定のひとに?とくる。極限のプレッシャーに打ち勝ち、歓喜しているスポーツマンに何で?そんな質問
をと思った。ドラマをアナウンサーがつくろうなどとしなくても余りある感動を体験しているのに。
それにしても開会式の評価はいろいろ。聖火点火の時の蝶々夫人の音楽はあれーと思った。


No.14 1998.2.14 マスコミの責任

中学生によるナイフ殺人事件。確かに未成年者による事件は凶悪化しているようである。「最近こ種
のナイフによる事件が急増している。」と言う報道がこの直後に一斉にされていた。私には、ほんと?
何を根拠に? そのような情報をもっているの?と言う思いがしてならなかった。翌日のラジオで、
高校生への質問をしていた。君たちはナイフをもったことがある?の問にあると答える生徒が大勢いた
。例のバタフライというやつ。どうもゲイム感覚で接していて、しばらくすると飽きてほったらかしてある
という。3年も前のこと。学校側も知らなかったという。こういうレベルでなら、我々の少年時代も思い当
たることが多い。もし殺傷事件が急増しているのなら大問題である。文部省が指導したという。学校関
係者だけでどうこうできる問題ではない。本当に急増しているのだろうか。
もっとも後日ある新聞では、この問題を取り上げ、疑問を投げかけていたが。  我々は、社会問題に
限らず世間の情報は報道に頼っているのだから、正確に伝えて欲しいものです。我々の種々のイメー
ジは報道によるところが多いことをいいたい。 いわゆるワイドショウなどで安易な発言が受ける側に
いつの間にか誤ったイメージを植え付けるとしたら怖い。 

No。13 1998.1.3 2000年に思う

このところ不景気のため金融会社廃業とか、総会屋にたいする便宜供与とかが大手業界で起こってい
るし、政党の分裂・移党など政治本来の動きではなく徒党の活動のみが活発に報道されている。ここ
にも山ほど発言したいと思っていたが多すぎて手を着けられなかった。政策がはっきりして将来実現の
見透しがある事柄だったら我々は我慢する。政策が信じられないから増税にも反対するし政治不信に
も陥る。どうみても親分子分の勢力争いかそれ以下の政治家の言動である。いまこの時間政治家は
なにをやっているのだろうと言うのが今の気持ち。1998年が来た。年の変わりについてはそれほど
無常感は持たない方だが、歳を重ねるうちに行く末の短さからいくらか考えるようになった。政治家の
スケジュールに21世紀からはとか、それまでにとか打ってつけたような発言を聞く。2,000年はたし
かにもうすぐ。この無常感は日本だけかと思ったら、この間ニューヨークで大晦日の12時前から時計
を見ながらカウントダウンをやったことが報じられた。日本だけではない。でも日本のそれとは少し違う
ようである。政治日程までが単なる数字の区切りに左右されることはあまりないようである。ほんの子
供の頃紀元2600年の国を挙げての記念行事を忘れない。提灯行列のゆらゆらした気持ちは、たしか
祖母の背中の上か手を引かれてよたよた歩きのなかで記憶に残っている。以来この数字的な区切り
についての疑問が残っている。一方でそれまで生きられるだろうかという疑問が隠されていたことは
確かである。でもすぐそこ。私は21世紀まで生きる。今から、1999年12月31日が楽しみである。

No.12 1997.11.21 スポーツ選手へのインタビュー

大相撲も終盤。小錦関が負け越しとなり引退らしい。私もこの人の外国人?らしい表現力と素直な所
が好きである。頭の回転のよさも。
いつもスポーツ選手へのテレビのインタビューで気になっていることがある。とくに相撲・柔道など格闘
技で「どのようなことを考えて当たりましたか?」「ここのところはどうしようとおもいましたか?」「今の
お気持ちは。」 私は、いつも選手の映像だけで十分ではないかと思っている。長い時間をかけて鍛
錬を重ねた選手には、頭で考える余地もなく闘争心と自然の(咄嗟の)身体の動きで闘っているのだ
ろうから。もしどうしてもやるのなら、経験者の認識に立ったうえでやって欲しい。小錦関のインタビュ
ーにたいする対応で、いつもなんでこんなことを聞くのだろうかと言うような表情を見せるときがある。
ぎょろっと相手の顔を見る。でも、そこから、一息いれて(気持ちを落ち着けて)機知に富んだ言葉を
残す。一流のスポーツ選手は自分を追いつめながら鍛錬に多くの時間と努力を費やしていることは
確かなのである。その時の人間としての限界のところで生きている。この点で、私は、今の自分に
照らし合わせるとき、自ずと敬愛の念が湧いてくる。 先日のサッカー勝利の後の選手へのマスコミ
のあり方も、もう少し違った対応ができないのだろうかと思う。いわゆるタレントの人達と違うのである
。団体スポーツには、日の当たるポジションとそうでないと思われているのがある。中山がゴール
に打てたのも中田・北沢・相馬・井原・・・・の絶妙な連携があった。この辺を踏まえた報道は見たこと
があまりない。時間が足りないというのなら、くだらない質問は省くこと。


No.11 1997.11.20 虚像

橋本さんの火だるま改革も、ため息とともに落ち葉焚きとなりそう。前にこのぺージで官僚の壁につい
て触れた。でもその前の族議員とそれをとりまく勢力に押されておかしくなったようである。わたしの予
想以前のところで終わりそう。橋本さんいや政治家のはったりと嘘と言う醜いところがまたもさらけださ
れた感じ。住専問題からずーっとこれである。政治の限界なのだろうか。背筋が寒くなる。
もはや、政治家集団そのものについて、或いは政治家一人一人の意識改革が。或いは、これから五
十年・百年かけて国民全体のわずかずつの変化とともにしか変わることが出来ないのだろうか。


No.10 1997.11.10 晴れ上がった紙面

政治は膠着。業界は商法違反。だが、今日の朝日新聞の一面は感動的な写真で飾られていた。北
朝鮮からの日本人妻の帰国。今までは、外交的な配慮に飾られたインタービューしか知ることはでき
なかった。肉親と固くだきあって歓喜の涙にむせぶ今日のこの写真一枚で日本人妻のすべてがを知
ったような気がした。もう一つは、ご存じサッカー日本チームの勝利。苦節にあえいできた中山と秋山
の飛躍して喜んでいる情景である。国中がサッカーに寄せる気持ちはわかる。サッカーの盛んな他の
国のように、いまやスポーツの域を越えた何かに変わったようなふうである。プロ野球とは違うもの。
あの若者たちの熱狂は、平和の象徴かも知れない。
天声人語は上野動物園の愛すべきゴリラの死について、含蓄のある文章でかかれていた。今日は
上天気で秋空が広がる。


No.9 1997.11.9 叙勲

毎年秋の叙勲が新聞に載る。その頃の朝日新聞の記事でそもそもの叙勲についての解説を読んだ。
以前に閣僚会議で叙勲廃止が論じられたことを知った。どのようにして格付けなどが決まるか疑問を
持っているのは私だけではないと思う。実は或るお役所の叙勲担当者だった人に仕えたことがあり、
ひどく専門性のある神経を使う仕事であることだけ聞いている。詳細な基準みたいなものがあるに違
いない。各省から各都道府県・市町村までこの様な人は沢山ひかえているのだろう。
新聞のリストで知る限りでは、立派な方々ばかりである。でもである。取りこぼしはないのだろうか。
率直な疑問である。昔だったら、「お上のなさること。」でよかったが。 もひとつ。我が青梅からの受
賞者が少ないこと。昔から、不思議であった。それだけ平穏な平和な街だからだろうか。あっちにもこ
っちにも我が街に尊敬する人はいると思うが。


No.8 1997.10.8 政治情勢悲話

政界はまたまたわからなくなってきた。火の玉改革がくすぶりかけてきたこと。社民党が倫理法案を
唱えて橋本さんにくってかかった。今臨時国会予算委員会に新進党・太陽党などが審議拒否を行っ
ている。(社民党は出席!)何を考えているのか!政治家は。私には、政策での集団ではなく、親分
子分の集まりにしか考えられない。最近マスコミでは自民党の「派」ということを再び正面に出して報
道するようになった。解消を唱えたはずが実際は機能しているのだろう。この欄で前にも触れたが、
政治家一人一人の哲学は選挙中のあの熱っぽさが消え失せ、一旦国会活動となると逆に灰色に曇
ってしまう。自民党は、我が党は幅広い考えの人が集まっているので、そのような意見もあるなどとよ
く言う。この意味で立派なのは小泉厚生大臣で、いつもぎりぎりの線で主張を通している。それにして
も、審議拒否とは。政治家の責務は、何なのだろう。委員会などにも入っていない議員は何をしている
のだろう。利権を売り物にして地元を駆けめぐっているのでは。つい疑りたくなる今日この頃である。
国連では、日本を常任理事国に推薦するしないが論議されている。あまりにもお粗末な国会なので
他の国の話か思ってしまう。おまけに経済大国実は赤字財政にあえいでいる。赤字解消方針を確立
してからにしてもらいたい。景気は、教育問題は、温暖化は、福祉政策は、沖縄問題は、そうそうあの
いきなり日米間で協議のあった防衛政策はとこのところ六改革のほかに緊急の問題がいくらでもある
のに。法治国家として駄目なものは駄目。検察・警察頑張れ。


No.7 1997.9.7 大国の哲学

英国のダイアナさんが、また,インドのマリアテレサさんが亡くなった。6日(土)はダイアナ
さんの葬儀の模様が放映され、色々なことを考えながら見たが。ひとつ言いたいこと、それ
はこの葬儀の開催が滞りなく自然なかたちで立派に行われたこと。最初王室がこれに対し
て冷淡であり市民が不満を募らせているなどと報道された。ブレア大統領が これを取りなし
たとも言われている。いずれにしても市民感情が盛り上がり、それを王室 が受け止め女王
始め王室の参列となり、過去に例のない葬儀と相成ったと言ったところ。 私は、ここで英国
の歴史を思った。大国としての懐の深さを思った。それは、宗教の違い と言うより、永い歴
史の中で培われた英知と誇りがそうさせたのだろうと思う。 こんどのことを我が国にあては
めるのはどうかと思うが、前例のない事態でもしこの様な 決断を迫られたら、我が国の関
係者はどうするだろうか。今度のことで、外務省は最後まで出席者の選択で他国の出方を
探っていたという。でも、もっと主体的に筋の通る哲学で 意志を表すことはできないのだろう
か。今進行中の行政改革にたいする政府の対応が頭を かすめる。
インドでは、マリア・テレサさんへの祈りが、英国のそれとは違ったあまりにも悲しいかたち
で行われていた。国葬が改めて行われるにせよ、多くの一般市民が雨の降りしきる屋外
で立ち去ることもなく深い悲しみに打ちひしがれていた。 二人の期せずして同じ日の悲報
であったが、永く忘れることはないでしょう。


No.6 1997.8.15 オーケストラの思い出

今朝久々にお盆休みで家にいる。衛星第2放送でバーンステインの演奏をやっていた。ベ
ートーベンの第三交響曲英雄であった。この人のスマートな解釈による指揮が好きである。
音楽はやはり生(または映像付き)に限る。指揮者の身振りは人格丸だしになり、あるいは
歌い手の顔のゆがんだ表情はその人の叫びでありその人だけの美しさである。それと一体
化して音楽が捉えられる。オーケストラで指揮者の身振りと楽器奏者の表情と身振りがお
互いに溶け合う時があり、その時の音楽は美しくまた感動する。
「私のあらまし」のページに記したように、大学オーケストラで青春のひとときを熱く過ごした
経験がある。ひとつの忘れない思いで。それははじめてのステージでのこと。普段の練習
は人数も少なく、また音符をひとつひとつ積み上げるようなつらいものである。みんなアマ
中のアマである。(これを根気よく指導してくれる人がどうしても必要なのだが)多くの日を
重ね、いよいよゲネプロ(仕上げの総練習)! エキストラ(プロからセミアマ、アマ、先輩な
ど)が加わり、100人以上が揃う。 指揮者の合図で音が流れる。練習中は聞いたこともな
い楽器も加わって心地よいハーモニーの中にいた。曲が盛り上がりフォルテシモ。空気が
振動し、身体が震えるようなこれも心地よい衝撃を受けた。ずしーんと腹にきた。身体中が
鳥肌立った。この衝撃の記憶が現在に至るまで私の中にある。 音楽を聴くときに時々こ
の感激が襲う。 そしてその時生きていてよかったと思う。 音楽をやる人は皆この感激?
を味わっているのでは。(母校のオーケストラ:http://www.win.or.jp/~yokazaki/)

No.5 1997.5.30 火だるま改革

また、橋本さんの6つの改革。 火だるまになってもやり遂げると雄々しくも言った。
先日各省庁を呼んでヒアリングをした。そしたら、殆ど収穫がなかった。
私は腹が立った。 相手も国家公務員である。 数え切れない法令や規則、それに無数の
前例を背負ってこれまで百年もの永きにわたって延々と継承してきた重さの中に生きてい
るのである。間違えは決して許されない社会なのである。極端にいえば、間違えのあり得
ない組織。立前はそうなのである。今まで間違えはなかった。 にわか仕立ての大臣様で
は手に負えるようなものではない。(失礼! 菅さんが居た。)
それにしてもヒアリングとは。手続きの一つなのだろうか。国民へのゼスチャーかな。
また、審議会を作ることしか手はないのだろうか。行政をかえるのに今までの手は通用し
ないのです。審議会を作るのならメンバーは広く公平に選出すべき。まず、案であろうと
たたき台であろうと、行政側に作らせるのではなく審議会サイドで十分な論議をつくすと
ころからやるのが本筋。今まで出来なかったことをやらなければ真っ暗闇の世界が待って
いる。もういやである。

No.4 1997.5.24 プロ野球雑感

私は巨人のファンです。いい年をしてと言われるかも知れない。しかし、私の年頃は多い
。戦後まもなくの川上・大下・藤村・青田・・・の頃、私も川上を夢見て草野球から高校
野球までやった。その頃は、夢中だったのである。私は、大下打法より川上打法。
なぜ、ここで野球談義? そう、今の巨人がくそみそにたたかれ、マスコミなどでもまた
かまたかともてはやされているからで、巷の話題の前座を飾ってくれているからである。
野球って頑張れば打てるのだろうか。殆どの名選手は練習ではすばらしい打球を飛ばす。
頑張ってもっと遠くへとばす。ところが、試合になるとからきし駄目な場合が多い。
試合で打席に立つ。どうゆう心理や精神活動が行われるのだろうか。練習と試合との違い
とは。ジャイアンツの今の状況を、常勝ジャイアンツの4番だからプレッシャーがとか、
OBがいろいろプレッシャーをかけるからとか、コーチがやかましすぎるからとかもっと
もらしいことを言う人が居る。なるほどと思う。確かにそのようなこともあろう。私にも
覚えがある。しかし、億のつく金を取っているのである。プロなのである。
ところで、「調子」というものは案外短い期間しか維持出来ないのではないか。松井が
まだ本調子ではないとか、本来の調子に戻っていないとかよく言われる。本来のとか本調
子とかはあるのだろうか。わからない。ここには、多分にそうあって欲しいという贔屓目
の感じが窺える。打っている期間は打たなかった期間よりは短いと言うことは確かだろう。

No.3   1997.4.27 平和的解決

ペルーの日本大使公邸人質事件決着。少しずつ状況が明らかになっているようだ。
我々はここでまた、テロというものの存在観を知った。かっての全共闘・日本赤軍・浅間
山荘などが頭をよぎる。私も大学の職員として渦中にあったことがある。占拠に対してど
のようにすればいいのか、一人一人が朝から晩まで考え続けたと言っても過言ではない。
橋本総理が、事前連絡がないといって不快感を示したとある。また、平和的解決とは何か
と言うことを私はずっと思ってきた。外務大臣が特有の太い声で盛んに言っていた。失礼
だが私には、軽薄に思えた。事件発生後まもなく藤森大統領は主要国や近隣諸国をまわっ
ていた。このときにと思った人もいたことだろう。日本の政府が言う国際化とは雲泥の差
があるように思えた。事前連絡を言う前に日本政府はなにをやったのだろうか。知りた
い。恐らくペルー国内の問題だからと言うのだろう。
国際化が盛んに言われ、国境を越えた交流が個人レベルまで及ぼうとしている。また、い
ま日本では凶悪事件の報道のなかで外国人の関係するものが、むしろ増えている気がす
る。
私は先般パリーに行った。持ち物、夜間の一人歩きに十分気をつけるようにと注意され
た。目の前で人がコートのポケットに手を入れられるところも見た。
国際化が進めば、テロも犯罪も我々の身の回りに一緒くたになってくるような予感がする
。危機管理は国会と動燃だけの問題ではない。私の問題となるようだ。でも、いろいろな
人を知りたいし、いろいろな国を知りたい。

No.2  1997.4.6 政党

新進党党首と自民党党首が会談し沖縄基地問題で重要な結論をだし、国会がその方向で動
こうとしています。政党って何なんだろうか。政党政治って何なんだろうか。ずうっと以
前の金丸御大の頃を思い出させる。確かにことは急を要する。政策協議はいろいろあって
もよいと思う。でもいままでの新進党の歩みからは納得できないものを感じます。社民党
はいよいよくるところまで来た。社民党は一体どうしようと考えているのだろうか。
「恥も外聞もなく」がここまでくると、さすが土井さんの良心が許さなくなった。全く困
た。 
一般の国会議員さん?の顔がまるっきり見えません。マスコミさんこの辺のところをもっ
と伝えて下さい。選挙の時はあれ程熱っぽく身を粉にして、誠心誠意、国民の側に立って
頑張ると言っていたではないですか。その人たちが今この時点で、何を考えなにをしてい
るのか、何をしようとしているのかを知りたいのは、私だけではないはず。
今の国会の在りようを見るとき、国会議員のやるべきことって何なんだろう。地元の陳情
に力をかすこと? 
二三日前に、夕方のカーラジオを聞いていました。学生の就職問題がテーマでした。今は
「就職」と言わない。「就社」と言うのだそうです。これは主に大学生のことでしょう。
受験戦争の末に一流大学に入る。それはよいと言われる会社にはいるのが、一応の目的で
しょう。一般的に多くの親はそう願っていたはず。確かに就社ですね。こうして就社した
人のなかの相当の人が、止めたり、おかしくなったりしているのだそうです。「自分のや
りたいことができない。」「自分に合わない。」「もっとやり甲斐のあることを。」と言
うのが理由だという。 確かにそうゆう就職出来たらいいね。でも、今の学生さんの中で
自分にどんな職業が向くのかわかる人は大勢居るのだろうか。そうゆう疑問が出されまし
た。学生のうちからこの辺の哲学をもてるように教育?するまたは考えることが大切。
止めて行くまたはトラブルをおこす人の多くは「人間関係・特に対上司」だそうです。こ
のへんが、とても心配です。集団の一人としてしか動けない人。仲間としかつきあえない
人。が、結構いるようです。行く末が心配。もちろん日本の政
治家も学生さんも自分の哲学を持ち、しっかりし主張と行動力をもって下さい。そして
私も。                        以上

No.1  1997.3.15 議員さん

行政改革が取り沙汰されています。私自身公務員生活?を30年以上もやった経験が
あります。新聞沙汰されているような高官ではないが、複雑な思いでニュースなどを見て
います。いい悪いはともかく、無数の規則と慣習で永い間維持されてきたこの体制を変え
るのは、選挙の票だけに頼っている政治家がいるとすれば、そんな生半可な人にはできっ
こないでしょう。
公務員の多くがそうであったように、従来からの体制つまり政治家という虚像に寄りかか
っている政治家もまたいるのでは。それが、本音とたてまえのたてまえに偏っていたら
悲劇。 はっきり特定できる話ではないのだが。予算委員会でのヤジ、居眠り特に質問し
ている委員にたいする、周囲の人の腹からでる笑い。そんなことはわかりきっていると
言わんばかり。仲間内の口論を見ているような。
委員会そのものの進め方などが、改革改革と言っている割には変わりはない。地方行政
の首長からでてきた議員がいた。しっかりと行財政のあり方にたいする認識を持った意見
と質問をだしていた。はたからは、うん!とうなってみたが、議場での眠そうな人の反応
はなかったようだ。
よく議員さんが「国民の意見は、・・・・である。」、「国民の側にたって。」などと、
しきりに「国民」と括ってものを言う。どこからこのようなことが言えるのだろうか。
国民にも色々な意見がある。便宜的にマスコミがまとめたものによって判断しているの
でしょう。特に支持できない政党の議員から聞かされると、馬鹿にするな。失礼な!と
言いたくなります。この事自体、永い間積み重ねられたことなのでしょう。
マスコミについて書いてしまった。わたしは、マスコミもいけないと思う。情報社会で
マスコミほど怖いものはない。国民。いや!一般の人達は。いや!私たちは。いや!私
はあなたが頼りなのです。


   ・・・・・・> Top  ・・・・・> Home