スナップ 4 2010年3月 > 戻る


二俣尾橋下の澤の紅葉         11.12.06

青梅街道を西へ JR二俣尾駅前から100m
橋の欄干越しに撮影した

広徳寺(あきる野市)の銀杏      11.11.23

  あきる野市の名刹 広徳寺の
紅葉を見に行った。
大きく古く力強い銀杏

今の時期拝観に訪れる人が
多い。 
 
  山門から入って本堂を拝観
裏庭の木々を見た
 
 
  カメラマンは圧倒されて皆
しばし佇む
 
 
     


塩船観音寺大祭 2011    11.05.03

周囲一面は2万本のツツジに囲ま
れ 紫燈護摩供火渡荒行修行が
行われる
塩船観音寺住職の奏上があり
いよいよ積み上げられた木の枝
に祭壇の灯明から採火された火
が 点火される
間もなく燃え上がり 予想以上の
火炎となった
火が収まって、火種いっぱいの
ところが均され いよいよ火渡り

住職が真剣を抜刀 気合と共に
空を切る そのまま足早に

突き進む
向こう側に立てられた 青竹を
気合と共に右上から一刀両断
に切り落とした
それまで鈴を鳴らし 盤若心経を
唱えていた修験者も次々に渡る


このあと 檀家・来賓など寺関係
者のほか 一般の人たちも続く

長い列が出来ていた
境内の奧の一番高いところに
近年 平和観音が建立された
(開創1,350年年祭記念行事)


この間 本堂前は参詣者がまば
らだった

吉野梅郷梅まつり     11.03.06    吉野梅郷

神代橋通りはいろいろな
イベントと 梅の公園観梅
の人々が交錯して 賑やか
だった

今年はカメラのトラブルで
他の催しは収録できなかった
市内のグループ「青梅太鼓」の
演奏  少年少女から、青
年・壮年・熟年の男女で構成


青少年の育成からスタートと聞く
一つのスタイルが出来上がって
いて ファンが多い
この子たちのひと振りひと振りが
お腹に響く 
例年にならって オリジナル曲が
えんそうされた 
青梅の祭り太鼓が 熱してくると
相手の山車と気合いと勢いを競
りあう伝統がある  それがこの
グループの演奏に取り入れられ
ている
  青梅の人たちに好か
れる理由のひとつか
次第にボルテージが上がる
全員の太鼓がいろんな曲想を
追って行く  中心的な役割の
グループが踊り出す
高調してくると より低く またより
高く跳躍したりする 鍛えられた
グループ

青梅市出初式2011   2011年1月9日  於永山公園グラウンド
青梅市消防団員・企業や団体の
自衛消防隊などの分列行進が
少年鼓笛隊の先導で
青梅女性防火防災の会も列席
梯子車から「住警器頼れる我が
家の見張り番」の垂れ幕が
下ろされた
50台近い消防関係車両の
行進   吹奏楽団の演奏
キャラクターが登場し子どもた
ちにパンフレットなどを配っていた
ちびっこは大よろこび


一斉放水 今年は ぴたっと
揃って! 

青梅ふれあいまつり 2010   2010年8月22日 於JR河辺駅北口大通り

20日〜22日河辺駅周辺で多くのプレゼンテーションが開かれた。今回は22日の開会・パレード・和太鼓・大江戸ダンスなどを取材した。

吉野梅郷観梅市民まつり      10.03.14

吉野街道沿い 近くの書道教室のパフォーマンス 小学生の書 右はにじと書いている 3さいーーと署名した 思わず拍手/   警視庁騎馬隊のパレード
   市長(中央)・警察署長・議長 鼓笛隊などパレード                   地元の御婦人達の踊り
  青梅太鼓   この集団は幅広い年代で構成され 青少年育成もになっているという  若者には年長者から掛け声が飛ぶ    ご婦人たちもしなやかに飛ぶ
 大江戸舞の青梅の連 天下一  毎年出演し馴染みになっている  ここも幅広い人たちで構成される
古賀政男のメロデーを使う  青梅市梅の公園での演技    地元で古くから伝わる 無形文化財の獅子舞  ここも次世代への伝承に苦心
 天下一の姉妹連の 「プチベリーズ」
最近すっかり板についてきた  二俣尾地区 桃花連のお囃子 こちら 日向和田のお囃子連
多摩川の神代橋 向うのJR青梅線 日向和田駅との間を 人たちが終日行き交っていた          右: 青梅市梅の公園の向かいの丘の上からの展望 (合成パノラマ)