Hp Contents

Home

青梅のあらまし
青梅のマップ
名所・旧跡
美術館・博物館
青梅の古民家
青梅のこよみ
青梅の橋
青梅の街路樹
     
私のあらまし
私のつぶやき
まゆちゃんの部屋
ホスピス考
Link HP
青梅に光通信網
     
イベント情報
今週のスナップ
青梅市観光協会hp
御岳山観光協会hp
定点観察
  永山公園
  釜の淵公園
  吉野梅郷
  好文橋界隈
  御岳渓谷
  市街地散策
青梅マラソン大会 
私のギャラリー
  Home
  Map





 

今週のスナップショット       
                           大きい画像(800x532・100kb〜150kb)は、別サイト「青梅と私ギャラリー」でご覧を。
                           
      

塩船観音寺大祭10    10.05.03   11:00-
天候は夏日となった。
周囲に広がるツツジ園は朱色が
盛りを迎えている。 1時間も前
からカメラの位置を確保しようと
したが遅かった。前から2列目
にたつようになった。

京都醍醐寺の修行僧による
紫燈護摩供火渡り荒行修行が
行われる。法螺貝の音とともに
入場。
僧たちによる般若信教の読経が
鈴の音とともに波のうねりの
ようにこだました。 一行の役ど
ころが順に口上を述べ、九字が
きられる。 塩船観音寺住職の
口上。 やがて祭壇の灯明から
火が積み上げられた枝葉に
うつされた。


般若信教は続く。


火の勢いが治まり、枝木が崩れ
落ちると、熱しられた地面と灰が
広がった。 住職が真剣を抜き
払い、宙を払い、振りかざして
残り火の上をわたった。
渡り終わると、祭壇の前に立て
られた青竹を気合もろとも真っ
二つに切り払った。
続いて僧達が般若信教を唱え
ながら渡った。

つづいて関係者・来賓・一般の
人たちが渡る。

外には希望者の長い列が出来て
いた。
境内の奥の高い位置に 平和大観
音菩薩像が建立された。像は境内・
遠く市内を望む方向を向いて建てら
れていた。
以前からこの位置から南西方向に
富士山が望めた。


青梅大祭10     10.05.03  12:30-
快晴 気温は夏日となった。
勝沼町から本町まで歩いた。
昼時で山車の一行は休んでいた。

左:天瀬町の山車。子ども達が
お囃子を演じていた。


青梅大祭については、ホームペー
「青梅大祭に行こう」をご覧下さい
左:青梅赤塚不二夫会館と昭和レト
ロ商品博物館前
本町の山車が来た。中央は拍子木
(祭り男)。一行の先頭を歩く。
近年は山車を引く人が少なく、綱も
短くなった。
続いて上町の山車。
前を行く拍子木とてこ舞・水屋。
  仲町の山車が青梅駅前通りにい
た。上町を追ってスタートするとこ
ろ。いずれも往時を思わせる
格調高い山車。
駅前通は両側に出店が並び、人が
溢れていた。

午後は12台の山車が往来し、すれ
違う度に激しく競り合いが行われる。
 

出初式10 永山公園    10.01.10  10:00
永山公園グラウンド
好天に恵まれ爽やかに開会

関係者・来賓のほか、青梅女性防災
防火の会(約50名)、青梅消防少年
団鼓笛隊、市立第三中学吹奏楽部
も参加、大役を果たしていた。
 多くのOB・一般市民などが見守った
市役所・企業・団体の自衛消防隊

消防関係車両約50両。
表彰

団員・自衛消防隊分列行進
三中吹奏楽部演奏
関係のコンクールなどで健闘
が続いている。


最後は一斉放水

初詣 塩船観音寺    10.01.01
左 正面は国の重要文化財の本堂。
御水場に並ぶ参拝の人たち。
右も重要文化財。いずれも3-4年前
に屋根の修理が行われた。

ここでは、境内の奥の高いところに
大きい観音像の建立が行われている。
本堂前は線香の煙が絶えず漂う。

 御神籤は若い人が多く引いてゆく。
護摩堂前の広場
自動車安全祈願・御神籤・おまもり・
の販売や甘酒のサービスなど賑や
かだった。
奥まった高台からは富士山が望め
た。
観音像建立ちゅうで、白い覆いが
印象的だった。

時折参拝者の鳴らす鐘の音が境内に
響き渡る。
ここの寺も遠くから三々五々
多くの人が訪れている。


大祭・つつじまつり・紫陽花・
萩・などの季節には、訪れる
ようにしている。

青梅宿アートフェステイバル09    09.11.22

旧市内の町内会ごとに広場を持つ。
青梅駅前の広場
毎年在住の外国人たちや町内の
人達がが店を出し、賑やか。
人力車(川越市)や輪タク・ボンネッ
トバス・クラシックカーが登場

例年着物がテーマの一つ。
シンガーソングライターのライブも
一つのテーマ。
右は当初からの参加 原荘介氏。

23日に市民会館に集結し、コンテス
トライブが行われる。
住江町の青梅赤塚不二夫会館と
レトロ商品博物館(右)もこのフェ
ステイバルの本部を兼ねる。
ひさしの特設ステージ。
ライブバンドは周辺の広い地域から
参加している。
もう一つのテーマはちんどんの
コンテスト。 市民への投票用紙が
配られていた。

この業界も演奏スタイル・衣裳・曲
など進化していた。


第42回青梅産業観光まつり      09.11.7 ・ 8
永山公園グラウンド
毎年多くの市民が集まってくる。   

例年のとおり銀杏も黄色くなってい
て、気分が盛り上がる。
会場のしつらえは凡そ例年通り。
ちびっ子のコーナーでは
行列待ち。
会場の外環は市内の名店が軒を
並べる。 いろいろな香りが漂う。
まつりの中で、梅干の種とば
しは好評で、これから 成績発表と
表彰式が仮設ステージで行われる。
そのマスコットには子供があつまる。

消防団のコーナーでは、相変わらず
団員募集活動中。
勝沼町のお米屋さんのコーナーでは
相変わらず元気。いつも町を引っ張
っているという。
木材・木工の体験コーナー
子供たちが、挑戦している。
おじさんたちがいろいろ世話をしてく
れる。
今年は好天に恵まれた。

青梅ふれあいまつり2009     09.08.23(日)
この日JR河辺駅周辺は賑わった。
北口大通り一部を取材


開会式
パレード
いい音を響かせていた。
レベルは高い。
青梅で活躍中の3つのグループが出
演。 「青梅太鼓」
年少から熟年まで幅広いメンバー。
青少年の育成も兼ねているという。
女性の演技力・青梅ばやしの
競り合いを取り入れたという、パフォー
マンスも特徴。
都立農林高校を引き継いだ総合高校
のクラブ。
青梅の二つ目のプロ集団。激しい
叫び・極限まで大太鼓の低音を鳴ら
す。観客を巻き込み独特の雰囲気
がひろがった。
アンコールが終わった。

一転して越後おわらおどりの一行が
三味・胡弓・唄とともに流してきた。
あの八尾の雰囲気を少しでも心に
呼び込もうと、多くのファンがいた。
河辺駅の北口の開発が終わり、地元
の期待も大きいのでは。


塩船観音寺大祭       09.05.03(祝)11:00
恒例の柴燈護摩供火渡りの荒行

法螺貝を鳴らしながら一行が入場

迎える側との間で口上が述べられ
る。
幾つかの役割による邪気払いが行
われる。
最後に当山住職により、四方に
矢が射られた。

住職の奏上の後、青竹の先の経木
に祭壇の灯明から火が移された。
その火が中央に積まれた木の枝に
点火され、間もなく炎となって燃え盛
った。
その間 醍醐寺高僧の護摩が焚かれ
る。修行僧の般若信教の読経が
続く。

素足の塩船観音寺住職が真剣を腰
につけ、さっきまで燃え盛っていた場
所の前で真剣を抜き、火の上を早足
で渡り、正面に立てられた青竹を
気合もろとも右上から真っ二つに切
り払った。


ほかの僧達が後に続く。渡る前と後
に気合とともに真剣を振り下ろした。
その間中般若信教がすずの音とと
もに、あたりにこだまする。

続いて寺の役員など関係者・来賓・
信者・一般の人が靴をぬぎ渡ってい
た。

遠くから俯瞰してながめ、感慨を新
たにした。

青梅大祭2009     09.05.03(祝)12:00〜
晴れ。
お祭りデビュー。
右:日向和田の山車の巡行。
住吉神社下 住江町の山車が控え
ていた。巡行してない時も、お囃子
は休むことはない。

右:本町の山車一行。
拍子木が進めの合図。 かちーん
とおおきな拍子木を打ち鳴らす。
てこ舞の金棒をつく音がゆっくり鳴っ
て動き出す。 山車の車輪がきしん
で進む。
上町の拍子木さん。山車の前に一
行を支える各種の会の提灯が並べ
られている。
仲町の山車。JR青梅駅前交差点に
控えていた。ここの半纏の背中には
「静」とある。以前ここの山車の上を
飾っていた人形は、静御前である。
今ではまつりの時は、本部屋内に
飾られている。名工の人形師の作
である。

今は山車は静かに巡行しているが、
間もなく巡行が早くなり、山車と山車
がすれ違う時にはお囃子の競り合い
が行われる。4時頃最高潮に。

はなだより      09.03.27(金)11:00ー
晴れ。二俣尾 「海禅寺」のしだ
れが4分咲き。
境内の真ん中に立つ。
大きく清楚な櫻。訪れる人は多く
ない。
山門は近年改修された。その南
側の石垣の上にソメイヨシノが数
本並んでいて
花の時期には遠くから見える。
河辺町の市民球技場。
この木だけが例年のように殆ど
満開になっていた。

はなだより      09.03.26(木)  10:00
JR宮ノ平駅の櫻は一層咲いてい
る枝が増えていた。
3羽のメジロが忙しく花をついば
んでいた。
マンションに近い木も殆どの枝で
花を見る。
右: JR青梅駅に程近い「梅岩
寺」の枝垂桜は開花直前。
 
*住職さんは来山の人たちに
マナーを守って欲しいと訴えて
居られる。*協力を願いたいも
のです。

桜前線通過中    09.03.23(日)10:00〜
晴れ。暖か。
我が家の椿は例年になく立派な
花を咲かせた。

右はスモモか?
JR青梅線 宮ノ平駅の一本は
部分的ではあるが、相当開花が
進んでいた。
もう一本では二枝で開花。

釜の淵公園堤防の櫻は、開花
直前。(右)
青梅市総合病院構内の櫻も、
殆どの木で花を見た。(左)

右は釜の淵公園。

吉野梅郷観梅市民まつり      09.03.15(日)
晴れ、暖か。
JR日向和田駅から向うの神代橋
を渡って、梅郷地区・梅の公園ま
で人の列が続く。今年は梅の花が
最も咲揃い、充実した頃合ににな
っている。
先ごろN新聞で全国一の梅の名所
として吉野梅郷が選出されたとあっ
て地元も喜び、観梅に訪れる人も
多く、遠方からの来訪が増えてい
るとい
う。
青梅市梅の公園ではまつりの催し
として、地元に伝来の獅子舞の
演舞が行われていた。 笛の音に
つられて
観梅の人達もしばし足を止める。
周辺地域に伝えられる獅子舞
大方似通っている。 3匹獅子、さ
さら人、先導方2人とここでは棒を
操る少年4人が控えていた。

青梅市梅の公園の正面入り口は
すごい混雑だった。

神代橋通りでは警視庁騎馬隊・
青梅市長・関係機関の長・青梅市
交通少年団鼓笛隊・などのパレー
ドが行われていた。
中央のスーツ姿は竹内市長。
地元ご婦人方の踊りがとおりに
細長い輪を作って、静かに進む。
青梅太鼓の演技。八丈太鼓と青梅
祭囃子を融合させて曲ができて
いるという。
人気があり、青梅マラソンの応援
に毎年沿道で打ち鳴らしている。
全員での迫力・個人のパフォーマ
ンス・青梅大祭での競合いに似た
競演など変化に富んだ演出で
楽しませてくれる。
子供から大人・男性女性が一体と
なって活動。青少年の育成のため
にも応援したいと思う。
このグループは女性の活躍が
目立つ。
小・中学生位の若人も大勢いて、
大人たちが後ろから激を飛ばす。
また頼もしさに目を細めている光景
がよかった。
青梅囃子そうであるように、盛り上
がってくると太鼓や鐘の競り合い
が始まる。
この子に後ろから声がかかる。い
い音を出していた。


青梅太鼓の次は、大江戸舞のダ
ンス。青梅の連 天下一の出番。
今年も 小さい子供のチーム
「プチ ベリーズ」と大江戸舞八王
子の中学生の連の賛助出演が
あった。
左:八王子  右:青梅 天下一
神代橋通りを こちらから天下一・
八王子・プチベリーズと横に並んで
大江戸舞の規程の曲をダンス
した。


ダンスの後は、地元青梅の
お囃子の競演。
神代橋通りの両側に設けられた
6〜7の連のお囃子台から一斉に
笛太鼓が鳴り出した。

例年似通った催しではあるが、
常に進化したパフォーマンスを
見せてくれるようだ。

地味な春の花    09.03.14(金)  13:00
青梅市内も梅が盛ん。吉野梅郷は
梅まつり最中。

気が着くとそこに咲いていた。
右:サンシュウ
左:マンサク 右:ミツマタ
左:水仙  右:沈丁花



球技場の秋     08.10.18(土)  10:00
青梅市民球技場
多摩川沿いの遊歩道のコスモスが
鮮やかな色で咲いていた。
少年野球大会と中学生のテニスの
大会が開かれていた。
元気な声援が絶えず聞こえる。
ハイタッチ! まぶしかった。

球技場のそばを、圏央道の多摩川
の架橋が通っている。右(2階側)が
八王子方面。

御岳山レンゲショウマ   08.08.27(水)10:00
久々に日が射すという。
ケーブルカーには乗らず徒歩で
登った。(約1時間)

参道わきに アジサイをあちこちで
見ることが出来た。
頂上の林はは霧に包まれ、 花に 
は露がいっぱい乗っていた。
終盤に差し掛かっているよう。
どの枝にも、散った後のがくが
付いていたが蕾もつけていた。


青梅市納涼花火大会     08.08.02(土)
晴れ。弱い風が左から右へ吹いてい
た。絶好の条件。

今回は発火してからシャッターを切
った。 重ならないように努めたが。
左 発火してからヒュルヒュルと火玉
がランダムに飛んだ。

右 発火してから4秒間露出。
3箇所から同時に打ち上げ。


青梅大祭08     08.05.03(祝)
午前中の雨で出足が鈍かったが、午
後は例年の賑わいと活気が街中に
広がった。
12台の山車が往来していた。

繊維産業華やかなりし頃の街の活気
を彷彿とさせた。
けんかばやしも近年女性の進出や、
若者の自由な発想から出るパフォー
マンスも加わり、惹かれる面も多く
なったようだ。
後継者に困っているところもあると聞
いているが、若者の参加はまだまだ
盛んなようだ。様々な準備や後片付
けなどには余り若者は見ない。

青梅大祭の事については次の
HPが詳しい。>GO

塩船観音寺と薬王寺のつつじ   08.04.30(水)
晴れ、暖か。塩船観音寺。
つつじまつりで参拝の人で賑やか
だった。仁王門と本堂の屋根。
いずれも国指定重要文化財。
屋根の葺き替えは昨年完成。
護摩堂を取り囲むようにつつじの丘
が。

5月3日には大祭で、中央の白い
シートのところを中心に火渡りの
荒行がおこなわれ、一層賑やか
になる。
薬王寺のつつじ。本堂前から向こうの
つつじの丘を眺める。新緑の林に
鮮やかな色彩が眩しい。
それほど広くはないが、杉・檜の林
とつつじの株の丸みの具合が静かな
雰囲気を出していた。
近年訪れる人が多くなってきた。
目立たないところに、飲み物などを売
っている屋台があった。


櫻満開       08.04.02(水)
市立総合病院周辺
釜の淵公園・新町の都畜産試験所
周辺・JR各駅なども満開。

仲町の梅岩寺の枝垂れの本堂前
の木。
梅岩寺 境内の奥にあるより若い木。
寺が高いところにあり、南の市内に
向かって大きく垂れ下がっている感じ


市内櫻開花      08.03.29(土)
河辺町 市民球技場
6分咲きぐらい。
二俣尾 海禅寺
高い石垣の上のソメイヨシノは
やっと咲き始め。中庭の枝垂れ
が柔らかい長い枝に花をつけて
いた。
仲町の梅岩寺の枝垂れも咲き始めて
いた。多くの人が次々に様子を見に来
ていた。

このほか釜の淵公園や私立総合病院
や新町の都畜産試験所周辺も、開花
が始まっている。


青梅と私ギャラリー>季節の花2

第10回記念青梅市ふくし祭     08.03.23(日)
市役所東側臨時駐車場(新庁舎建設
予定地)。様々なコーナーとステージ
が並んでいて、次々人が入ってきた。

左のスーツ姿は竹内市長。
青梅には、若者のこの種の自己実
現の場がもっともっと欲しい。
お母さんたちの晴れのステージも欲
しい

                           成人式         08.01.14(祝)11:30

青梅市総合体育館
式は終わったらしく晴れ着の新成人
が、入り口前の広場で名残を惜しむ
光景。
個性溢れるひとりひとり、再会して
みてまた新しい発見をしたのでは。
赤ちゃんを抱いている人も居たりし
て、しっかりした頼もしさを感じた。


出初式         08.01.13(日)11:00
永山公園グラウンド。
晴れ。向こうから消防団、市役所・企
業・団体などの自警団、少年消防団
の順に整列。その後ろには所属の車
両。左のテント内には市長・団長そ
の他来賓、中学吹奏楽部(3校)が控
える。
市長・団長の訓示や来賓の挨拶。

その間中 中学生の吹奏楽の演奏
が続いた。
各種表彰式。 少年消防団を先頭に、
分列行進
車両の行進。およそ40両。
最後に放水の演技があった。

青梅だるま市       08.01.12(土)15:30
JR青梅駅付近の旧青梅街道で開催
。 生憎の雨模様。人出が少なく、
業者のぼやく声が聞こえた。

JR青梅駅前に大きいだるまが飾られ
雰囲気を出していた。市内明星大学
の学生の作。
屋台のソースのこげる匂いが通りに
そって広がっていた。
住吉神社前の階段下では、旧年の
だるまなどの「お炊き上げ」を受け付
けていて、炎があがっていた。


                       
初詣(塩船観音寺)・(武蔵御嶽神社)  07.01.01(祝)

塩船観音寺
10:00 早朝からの人ごみは一段落。
参拝客も落ち着いた初詣を味わって
居るよう。
若い人たちは、以外にもおみくじに
多く並んでいた。札を貰った人は、
真剣な面持ちで見入る。じっと見入
ったまま動かない人も居る

参拝のあとは、甘酒。毎年そうして
いる人が多いようだ。
武蔵御嶽神社。
都合で日が傾いてからの参拝。
ケーブルカ-を使わず徒歩で登った

約一時間。神社前に着いたのは
足元が暗くなってから。早
朝の初日の出からの混雑がうその
ように、参拝客は少ない。

神代けやきの向こうが明るかった。
三脚を持ってこなかったのが悔やま
れた。既に東のほうは暗く、青梅市な
いから向こうの明かりが眼下に広が
っていた。

帰りは寒く震え上がった。今年は
いいことがありますように。




矢印赤 Home Map

Copyright(C)1997.3 Takeshi SAWADA All rights reserved
< /HTML>