Hp Contents

Home

青梅のあらまし
青梅のマップ
名所・旧跡
美術館・博物館
青梅の古民家
青梅のこよみ
青梅の橋
青梅の街路樹
     
私のあらまし
私のつぶやき
まゆちゃんの部屋
ホスピス考
Link HP
青梅に光通信網
     
イベント情報
今週のスナップ
青梅市観光協会hp
御岳山観光協会hp
定点観察
  永山公園
  釜の淵公園
  吉野梅郷
  好文橋界隈
  御岳渓谷
  市街地散策
青梅マラソン大会 
私のギャラリー
  Home
  Map


:
:::
:

好文橋界隈  

ここに掲載の映像の大型のもの(70〜150kb)も別サイトでご覧ください。 >>Go

このページの各画像 :  JPEG 16KB前後(300*225pix)

紅葉最盛        11.12. 04
右  市立西中学わき遊
歩道から対岸のB社施設
を望む
左は好文橋から下流を
右は上流のおくたま路周辺
を望む
おくたま路


河岸の紅葉         11.11.24
  紅葉盛ん 
構文橋の下流を見る

JR青梅線 石神前駅下車
B社の施設がある 対岸
からの眺めが良い
 
     

新緑の渓谷     11.05.22
この時期は川の水のこと
より 両岸の雑木の新緑の
精気に目がゆく
 この間は藤のつるに締め
付けられ 朽ちて折れた檜
を見た  藤はしばらく隣の
木に巻きついて花を咲かせ
ていた
好文橋は中学校の新設を
機に 通学路確保のため
に造られた人道用の橋

中学生・地元のひと・季節
により ハイキング・トレッキ
ング姿の人も多い

積雪の朝     11.02.17 
10cm位の積雪
9:00頃 溶け始めていた
所々で ばさっと枝から落
ちる音が聞こえる
多摩川は透明
好文橋は後の中学校への 
通学路になっている

もう学校から元気な声が聞
こえてくる

降雪の朝     11.02.15 9:00
細かい雪が降り続いていた
東が明るくなっていて 気温
も上がっているらしく あた
りは霧に包まれていた
好文橋から下流を見る
この間まで この前は林が
あって見通せなかった

また新しい景色が出現した

紅葉盛ん      10.11.22

左:好文橋から上流を見る


右:下流を見る
B社保養施設の構内が、
毎年鮮やかな景色を見せて
くれる。 最近では対岸の
中学の道からカメラをかまえ
る人が増えてきた。
2・3日経てば一段と深まる。

若葉の候      10.04.22
例年のことながら櫻に気を
とられているあいだに、芽吹
きが始まっている。
好文橋から上流を見る。
おくたま路もすでに若葉に
囲まれていた。
好文橋から下流を望む。

初雪の朝      10.02.03  8:00
未明までの降雪と霧。
あまり見たこともない景
色が広がっていた。
橋から東のほうを見ると、
山間から朝日が顔を出し
霧が黄色く輝く。
暫くすると霧が晴れ初め
て、
次第に林や山が見えてき
た。
目の前の合歓の木の枝
から雪が落ちた。
向うの山から太陽が昇り
始め
た。


透明な静けさ        10.01.27
芝生に朝の光がさす。
多摩川は透明で水量が少
ない
。 流れの音はない。
目の前に清流の宿・奥多摩
路がある。早春の陽光

早春の陽光    10.01.15 9:30
好文橋から上流を見る
多摩川は静かな流れ、澄ん
でいる。
下流を望む。
橋の上にも川原にも人影は
ない。

右:中学のグラウンド沿いの
道から。

紅葉ピーク       09.11.28  10:00
薄曇り。
多摩川は最高に澄んでい
る。銀杏も黄色くなってい
た。
向うの山の斜面まで紅葉が
広がってきた。 ここでは、
ピークの証。
今年は気候の加減でピーク
は遅く、ややいつもより長く
持ちこたえているよう。

紅葉盛ん    09.11.14
うす曇。水は澄む。
好文橋から見る。両岸は
急速に紅葉が進み、通る人
は皆足を止める。>上流
>下流

B社の奥多摩園の構内は、
毎年楽しませてくれる。
銀杏が更に黄色く主張を
するはず。

紅葉始まるII       09.10.30
日を追うごとに確実に紅葉
が進む。
好文橋の下流のB社保養施
設の構内。
ここに数本の銀杏があり、
間もなく彩を添える。

紅葉始まる     09.10.22

好天の朝。
多摩川は最高に澄む。
好文橋から上流(左)・
下流を見る。
B社の施設内の林も急速に
色付いてゆく。

梅雨空        09.07.04(土)

好文橋から上流を見る(左)
清流の宿 おくたま路が見
える。

下流を見る(右)
向うは奥多摩方面の山々。

新緑の候        09.04.26(日)

左 上流には元国保保養施
設、現在は清流の宿「おくた
ま路」があり、右 下流には
、 B社の保養施設奥多摩園
があり、周囲の環境はいず
れにとっても何よりの売りと
なっているのでは。
下流奥多摩園は今時期と
11月の紅葉の季節は最高
の景観となる。

若葉の季節    09.04.20(月)  10:00

好文橋の下流にB社の保養
施設があり、その構内は
若葉・紅葉の時期など素晴
らしい景色となり、楽しい。
上流には、前の国保保養施
設「おくたま路」があり、
昨年から経営母体が代わり
清流の宿「おくたま路」とし
て営業中。 構内の杉が
伐採され、今ではここから
見えるようになった。

残雪       09.03.04(水)9:00曇り

昨日の雪が山や森に残っ
ていた。 平地に積もるほど
ではなかった。

杉の枝が赤茶けていて、花
粉が思いやられる。


紅葉ピーク     08.11.19(水)10:00

好文橋から上流を望む。
(左)
下流を望む(右)。 B社保
養所敷地内は、ピークとな
る。
まだ向うの山の斜面は上
まで錦色に変わる。
好文橋を通る人は、皆足を
止める。

秋盛ん      08.10.23(木)  11:00
曇り空。 欅の色付きがま
たひろがった。
川の水は澄んでいる。

秋晴れ    08.10.16 (木)12:00
久々の快晴。
欅は赤みがかってきたが、
このまま枯葉となってゆく。
左は上流を見る。左手の
屋根はおくたま路の屋根。

初秋の河岸段丘    08.10.01 12;00
朝晩の冷え込みとともに、
川岸の欅なども黄色く変化
している。上流の「おくたま
路」は最近まで国保の保
養所として永年親しまれて
きたが、民間経営となり、
看板・チラシなど一新され
た。
水は最高に澄んでいる。

夏休スタート    08.07.21(月)14:00
学校が夏休に入り何処の
川原も人がでている。
ここも4組のグループが
煙を上げていた。
水は澄んでいた。
薄日でも気温は高い。


新緑の候     08.05.06(火) 10:00
川原に下りる。
水の濁りはほぼ平常のレベ
ルに回復した。
久々に五月晴れとなり、
気温も暖かい。
2・3日前から川原にテントを
張って居るグループがあっ
た。

所々崖の林に藤の花が伸
びているのが見える

若葉の候2          08.04.22(火)9:00
若葉が一層深まった。
B社 奥多摩園を対岸の中
学脇から撮影。
向こうの上をJR青梅線と
青梅街道がとおっている。
好文橋から上流を撮影。
水はこれ以上澄みそうにな
い。

若葉の候         08.04.19(土)
雨がやみ やっと晴れ間
気温高く皐月晴れ。

川の水は、鉛色。
下流
B社奥多摩園内の木々も、
若草色に輝いていた。
川に人影はなかった。


芽吹きも近し    08.03.22(土)9:00
欅の枝先が色変わりして、
芽吹きが近いことを知らせ
ている。
今日もこの橋を大勢の観
梅に訪れる人が渡って行く



新春の好文橋界隈    08.01.02(祝)14:00

水はとうとう透明にはなら
なかった。
午後になると日差しは傾き
河原は日陰がひろがる。
河原にも橋の上にも人影
はなかった。



紅葉ピーク      07.11.29(木) 9:00

曇り 霜の気配がしたと思
ったら1・2日であたりが一
変した。この橋を行く人は
皆足をとめている。
右: 下流のB社奥多摩
園の構内も最高の景色
。 >>ギャラリー参照
 


矢印赤 Home Map
Copyright(C)1997.3 Takeshi SAWADA All rights reserved