Hp Contents

Home

青梅のあらまし
青梅のマップ
名所・旧跡
美術館・博物館
青梅の古民家
青梅のこよみ
青梅の橋
青梅の街路樹
     
私のあらまし
私のつぶやき
まゆちゃんの部屋
ホスピス考
Link HP
青梅に光通信網
     
イベント情報
今週のスナップ
青梅市観光協会hp
御岳山観光協会hp
定点観察
  永山公園
  釜の淵公園
  吉野梅郷
  好文橋界隈
  御岳渓谷
  市街地散策
青梅マラソン大会 
私のギャラリー
  Home
  Map


::
:

釜の淵公園の四季

 中心街から近い多摩川べりに位置し、水の公園として親しまれている。青梅市郷土資料館、市民プール、簡易保険保養施設「かんぽ」
などがあり、緑と清流に囲まれたすばらしい公園。 川縁で水遊びやバーベキュウをしたり、雑木林を散策したり四季を通じ人が絶えない。
Home Map
   各画像:JPEG・16KB前後
   (300*225)

釜の淵公園の今     ここに掲載の画像などのクリアーな画像(800*499pix 100-150kb)を別サイトでGallery
(ブロードバンドでご覧の方はギャラリーで)

紅葉盛ん        11.11.26
雑木林に午前の日が入り
気持ちいい 
公園の中央にメタセコイア が
踏ん張っている
ヤマボウシ 
 多摩川は秋口の台風の際の
大雨で濁ったが やっと戻り
かけたというところ
鮎美橋から上流を見る 
向こうは市立美術館


桜開花      11.04.02
堤防の桜が咲き始めたようだ
風のない良い日
河原に一組のグループが 
準備中
目の前の木の枝に1厘の花
を見つけた

橋の上は 文化財探訪?
ほかには 花を見つけること
はできなかった

陽光のなか      11.01.07
人は見かけなかった。
空気も水も日光も透明で冷
たく感じた。

公園の上の「かんぽの宿」
の周りも静かだった。
ここにいる間 犬を連れた
人ひとりを見た。
多摩川の水は最高に透明。

落ち葉掃き    10.11.22
公園の紅葉は中央に見える
桂の木から始まり、この芝生
に広がるメタセコイアで終わ
る。
今はメタセコイア。
イロハモミジと朴の木がまだ
いい色をしていた。
子供と親達が落ち葉を掻き集
めて、燃やしていた。清掃作
業らしい。


多摩川の両岸と彼方の丘陵
(永山公園あたり)は紅葉終

盤。


晩夏の午後       10.08.28 15:00
水難事故にご注意を!
撮影を終わり上の国道に出
たとき、消防車と救急車が
公園に入っていった。


15:00を廻り 日差しも大分
傾いてきたが、まだ大勢の
ひとがくつろいでいた
水は澄んでいた。

注意深くしているが 1人でも
足を滑らすと皆が危ない。


岩の上からお父さんが注意
深く見ている(お父さんは一
回自分で飛び込んだ)

暑い夏

釜の淵新緑祭       10.05.09
恒例の新緑祭
釜の淵公園ないの各施設で
2日間にわたって市民の日
頃の活動状況が披露される

フラダンスのグループと、ハ
ワイアンバンドはシニアー
らしい年季の入ったもの
女性のしなやかな美しさと
やさしさが伝わってきた
多摩川は澄んでいた

工作のコーナーは 以外に
もお母さん達が張り切ってい
三味線と唄のグループ 

満開        10.04.06  12:00
マスコミで各地の満開が報じ
られてきたが、やっと青梅も
満開の話題が聞こえるよう
になった。

しだれ柳・山吹なども色付い
ている。
ウイークデーとあって人は
あまりいない。でも熟年の
グループがベンチに何組か
いた。
多摩川は最高に澄んでいた。

降雪の後の朝    10.02.18  10:00
今年3回目の雪が降った。
しかし網解け始めていた。
歩道にはいくつものひとと犬
の足跡があった。
川の水は透明。既に空が
明るくなって、あと一時すれば
景色が変わってくる。

春遠からじ    10.02.04 10:00
自然は春の準備
青空が久々にひろがる。
杉林の伐採があり、遠くが望
めるようになった。
ここには人がいない。
メタセコイアの存在感を満喫。
剪定された後に次の枝が出て
、人の目をひく。

新春の公園   10.01.03 10:00
青梅かんぽの宿のこちら側
の斜面の杉林が伐採され、
見通しが良くなった。

芝生広場のコブシの芽が
目立つようになった。
かんぽの宿前から市街地の
方を望む。前の杉林が伐採
され見晴らしが良くなった。

展示民家が目立っていた。
新春の陽光が爽快。


紅い公園       09.11.28  10:00
多摩川は最高に澄む
晴れ。朝の陽を受けて紅葉
は鮮やかな色に見える。
芝生広場のメタセコイアは
紅く存在感をみせている。
木々の枯葉は落ちて、残った
葉が最後の鮮やかさを見せ
ているよう。 紅葉の時期も
終盤となった。

紅葉盛ん      09.11.14
うす曇
この2・3日で一気に色どりを
添え、綺麗に色変わり。

霜降の公園      09.10.22
この公園ではこの桂が真っ
先に色ずく。


好天で川も最高に澄んでい
る。
周囲の遊歩道を散策する人
や、川原にいる人数人いた。
桂・メタセコイアなど朝日に
輝いて爽やか。
鮎美橋から市内方向をを見
る。

夏休盛ん     09.08.15(土)12:00
久々に青空が出て、水も澄
み人が集まっていた。

川に親しんだことのない
ひとは、流れを侮っては
いけない!水流の圧力は
要注意。
昼時近く、あちこちで煙が
あがっていた。
公園内 至る所に人がいた。

梅雨晴れ      09.06.25 10:00 
川原には釣り人3人、子供ず
れの親子一組が水辺にいた。

川は最高に澄んでいた。
芝生広場の縁の紫陽花がよく
咲いていた。
展示の旧住宅は最近屋根の
葺き替えが終了。紫陽花は
今の時期公園で唯一つの花。

元気な園児      09.05.27(水)11:00
二つの保育園の園児達が来
ていた。 暫く園内に園児達
の叫び声が聞こえていた。

水は最高に澄んでいた。
園内の林は緑も深く、日差し
が遮断されて暗い。
芝生広場は人影はなかった

展示住宅は屋根の葺き替え
がおこなわれている 。
6月には完成予定。

新緑祭2009       09.05.10(日)
晴れ。9・10日両日に渡り
公園一帯で恒例の新緑祭が
ひらかれた。
そのうち芝生ひろばでの、
東京女子体育大学の学生の
よさこい・モダンダンス、鼓夢
Omeの和太鼓、茶道グルー
プのお点前、稚鮎の放流を
取材。
新緑・明るい日差し。
絶好の五月晴れとなった。
和太鼓演奏。 観衆から
体験希望者を入れるなど
して、和やか。
隣のコーナーでのお点前の
サービス。

奥多摩漁協・NPO法人奥多
摩川友愛会などの協力で
賑やかに放流が行われた。
稚鮎をバケツに入れてもら
った子供たちは目を輝かせ
いた。て

若葉の季節    09.04.22(水) 10:00
日一日と若葉が色濃くなって
行く。日差しも今年はとくに
明るくなっている。
ヤマブキは終わりになってい
るが、この株は元気。
遊歩道から川原を見ると眩し
い。
人は多くないが、春の爽や
かさを満喫しながら散策し
ていた。
この欅は今赤っぽい若葉を
広げはじめていた。

櫻満開    09.04.09(木)11:00
快晴。暖か。
柳淵橋側の駐車場の櫻。
散り始めている木もあり、
散った花びらを集めて頭上
に放り投げている女の子が
いた。それをままがカメラに
収めていた。
園内にヤマブキがてんざい
する。

熟年のグループは、花見の
設営中。
左の木の幹にビニールの
袋が結わえ付けてある。
さすが手際がいい。
ウイークデーなので人は
それほどいない。
11・12日は賑わいが予想
される。
左 鮎美橋から上流を、
右 下流を望む

桜前線通過中    09.03.23(月)  10:00  
晴れ。園内の堤防の櫻はこ
のところの気温で、開花が
遅れているようだ。

園内には人が目立つように
なった。
櫻と同時にヤマブキが黄色
い花をつけていた。
櫻に誘われたように、川原に
ひとがいた。
鮎美橋脇のさくら。
左:上流、右:下流を望む。 

初春の木々     09.01.10(土)10:00
葉を落とし向うの景色まで見
えるし、木々は朝日をいっぱ
いに浴びて輝く。
園内は年末のうちに綺麗に
掃き清められてあった。




紅葉ピーク    08.11.20(木)11:00
親子ずれのグループが、遊
歩道などの落ち葉を集め、
川原で燃していた。
左のぱぱが下の子を抱いて
いた。 快晴。
メタセコイアがいつの間にか
紅葉開始。

泥んこよりは安心です。

紅葉へ突入     08.11.09(日)  11:00
紅葉が川沿いに広がりつつ
ある。 川の水も透明。
珍しく川原には人なし。

右 メタセコイアは青々として
いるが、ほかの雑木の後から
色を変え、寒空に聳え立つ。
桂の木は存在感がある。
いち早く紅葉し葉を落とし、い
ま木肌を輝かせしっかりと枝
をはる。


秋盛ん      08.10.26(日)11:00
薄曇り。
例年園内で真っ先に色付く
2本の桂の木は、既に半分 
位は落葉していた。
川原では3組のグループが
バーベキューで煙を上げて
いた。
展示旧住宅は近年風格が出
てきたようだ。

初秋の公園     08.09.15(祝) 9:30
この公園にきて今秋初めて
目にした彼岸花。
あちこちに群生していた。
うつぎの仲間。

珍しく川原に人影はない。
北京市から贈られたという
「さんざし」。 いっぱい実が 
なっていた。

夏休スタート       08.07.19(土)11:00
晴れ。夏日。
いよいよ夏休。秋口までの
週末は、これから賑わう。
50人くらいの子供達のグル 
ープ。指導の大人が数人。
芝生広場のメタセコイアの
木陰。
多摩川の水は澄んでいる。

紫陽花のある公園   08.06.24
久々の晴れ間。
余り人は居ない。
川原に数人のグループがい
た。
保育園のお散歩。皆しっかり
と手をつないでいた。


梅雨模様      08.06.02(火) 10:00
入梅が報道された。うす曇。
林の中は、薄暗くひんやり。
芝生広場の縁にヤマボウシが
咲いていた。 真っ白な花が
遠くからも確認できた。
園内は散策の人・ウオーキン
グの人が数人。

新緑の公園       08.05.07(水)10・00
五月晴れ、気温高い。
新緑が眩しい。5月10・11日
には新緑祭2008が園内で開
催され、この芝生でもダンス、
和太鼓などいろいろな催しが
開かれる。
多摩川の水はまた一段と澄み
新緑に映えていた。

鮎美橋のたもとに中国から贈
られたサンザシが白い花をつ
けていた。

芽吹きの季節     08.04.13(日)
桜は散って ヤマブキがあち
こちに鮮やかに咲いていた。
向こうの永山丘陵も芽吹きの
最中。

多摩川の水はこのところの
雨降りでまた濁ってしまった。
三つ葉つつじ。

櫻満開         08.04.02(水) 13:00
開花が急速にすすみ満開。

見に来ている人は少なかった
多摩川の水は随分濁りがと
れた。櫻に間に合った。
一組の花見のグループが
川原で車座になっていた。

櫻開花直前     08.03.23(日)  10:00
柳淵橋駐車場の堤防の櫻は
開花直前。どの枝もこの程
度まで進んでいた。

ブッシュの潅木など、もう芽
吹きが始まっていた。
この日、何処の橋周りにも、
釣り人が集まっていた。
ここには50人くらい。
コブシの花芽が膨らんでいた
この間まで、灰色だった枝先
がピンクがかってきた。

二人の人が続けてヒット。


観梅の候       08.03.16(日) 10:30
この公園は梅の木が少ない。
梅郷町では観梅の人が多く
訪れている。  

ここは余り人影は見ない。
プールの前の柳の枝が色付
いてゆれていた。

雑木林の中のブッシュがすっ
かり刈り払われていた。
遊歩道はすでに落ち葉
もなく、綺麗。
堤防の櫻の蕾はいずれもし
っかりと膨らみ始めている。
多摩川の水は依然白い濁り
を含んでいる。奥多摩湖の
様子では、当分このままの
状態らしい。

公園の枝枝      08.02.08(金)11:00
快晴。柳淵橋の下流側では
護岸工事が行われていて、
ブルトーザーの音が何処ま
でも聞こえた。
メタセコイアを除いて、みな
葉を落として、昼前の光を
一杯に浴びていた。
川の流れも静かで対岸の
景色を写していた。
殆ど人は見ない。若者が一
人川原を懸命に走っていた。

公園初雪        08.01.17(木) 8:00
曇り。 所用で出かける途中
小型カメラで撮影。間に合っ
た。 陽が顔を出しかけてい
たので、おそらくは間もなく
大方は消える。
人影はなかった。
この時期は、園内で色が見
えるのは寒椿。

新春の公園        08.01.06(日)10:00
公園内の上流の橋「柳淵橋」
手前右に市営プール・市民セ
ンターなどがある。
橋の向こうに公園が広がる。
川の中の岩が一杯の朝日を
受けている。
この時期は 園内に寒椿しか
色はない。



初雪               06.1.21(土)14:00

気温低い。珍しく太平洋側
が降雪。センター試験の日
で心配。
園内に雪だるま製作中の親
子と通行中の外国人1人。
桜の木の枝が綺麗だった。
積雪は10cm弱。小雪が降り
続いている。
水は一段と透明に見える。
流れ静か。 林の中時折雪
が落ちてくる。
展示されている古民家は、
雪のためか、そこで生活が
営まれているように自然に
みえる。


 Topへ

Copyright(C)1997.3 Takeshi SAWADA All rights reserved