Hp Contents

Home

青梅のあらまし
青梅のマップ
名所・旧跡
美術館・博物館
青梅の古民家
青梅のこよみ
青梅の橋
青梅の街路樹
     
私のあらまし
私のつぶやき
まゆちゃんの部屋
ホスピス考
Link HP
青梅に光通信網
     
イベント情報
今週のスナップ
青梅市観光協会hp
御岳山観光協会hp
定点観察
  永山公園
  釜の淵公園
  吉野梅郷
  好文橋界隈
  御岳渓谷
  市街地散策
青梅マラソン大会 
私のギャラリー
  Home
  Map


 Open 03.10

  ホスピス(Hospice): 宗教団体の宿泊所の意。
 癌などの末期患者の身体的苦痛を軽減し、残された時間を充実して生きることを可能とさせると
 ともに、心静かに死に臨み得るよう幅の広い介護につとめるための施設。また、そのような活動。
 家族もホスピスの対象に含める。                        「広辞苑」から

  ここに、一冊の小冊子があります。 その1ページの冒頭に 「治すことを目標にひた走っている医師と患者。
 その同じ病室で、同じ目標をめざせなくなっている私のからだ。 途方に暮れるたびに、私のなかの病院砂漠
 がひろがっていき、いつしか私は疲れきった旅人になってしまった。 そんなある日、 <ホスピスはあなたの
 オアシス>、砂漠の向こうから吹く風が、そう私におしえてくれた。」 とあります。 これは特定の宗教団体の
 ものでもなく、特定の個人のものでもありません。 ホスピスまたは緩和ケア病棟に取り組んでいる機関の協
 議会の編集による印刷物のものです。
  
  小冊子はさらにホスピス誕生の理由を次のように解説しています。 「これまでの医療は、治癒させることに
 専念するあまり、治癒できない場合の対応がほとんど考えられていませんでした。治癒できなければ延命策
 を講ずるという図式が連綿と続けられていました。検査・診断・治療・延命という4つの働きが近代病院の目
 的と考えられてきたからです。 
 しかし、たとえば、症状の進行した癌患者さんの何割かが直面する激しい痛みや息苦しさ、変化する症状への
 不安に対しては、この4つの流れの中で対応するには限界があります。 このような状況におかれた患者さん
 の痛みと不安を、何とかやわらげてあげたい・・・。 それがホスピスを誕生させたときの願いでした。
 この考え方を本格的に実践してみせてくれたのが1967年、シシリー・ソンダース医師が率いるイギリスのセン
 ト・クリストファー・ホスピスです。   

 (全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会編 ホスピスってなあに?−困っているあなたのためにー 
(NHK厚生文化事業団発行)  から引用

>>>ホスピス又は緩和ケア病棟について、詳しく知りたい方へ!


                  <  我が家の場合 >

 私の母は2002年12月に96歳でこの世を去りました。5人の子供とその家族達に囲まれ静かに息を引き取り
ました。 12月29日23時、日の出ケ丘病院ホスピス病棟でした。家族ももう取り乱すものもなく静かに手を合わ
せました。患者と家族が団欒するのに十分な広さと設備が行き届いた部屋で、5日間過ごしました。痛みの緩和
処置が進みそれまで絶えずもだえるようにしていた患者が静けさを取り戻し、意思疎通もできるようになり、家族
も信じられないくらい心身ともにリラックスできた瞬間を忘れられません。しかし、それまですでに腎肺機能が著し
く低下し危機的状態を迎えていて、そのような時間は1日だけでした。せめてあと2日いや1日欲しかった。


というのも、日の出ケ丘病院のホスピス病棟にたどりつくまで1ヶ月間は、本人も痛みと苦しみと屈辱に苛まれて
きたし、我々周囲のものも身を抉られるような日々を過ごし、意思疎通が取れない状態が続いていたからです。
日常、ベットの上でテレビを見たり、新聞に目を通したりしていた母が、2002年10月に下腹部の痛みを訴え
るようになり、かかりつけの地元の医師の診断を受けました。 しこりがあるので検査を受けるようにと、公立の総
合病院へ紹介状を書いてくれました。 ほとんど寝たきり状態になってしまった母を連れて多くの患者がひしめく
病院に行き、半日がかりでいろいろな検査を受けました。疲れ果てた母は帰宅後も痛みを訴え、次第にひどくな
ってきて検査結果がわかる次の診察日まで待てずに、2・3日後に救急車で同じ病院へ。やっとベットを与えられ
点滴が打たれ、家族はほっと。しかし、数日後に悪性のものらしいが、高齢で内臓も弱っていることから、治療が
できないので、退院してほしいというようなことを言われました。目の前で痛みを訴え続けているのになんで退院?
はじめそれが理解出来ないくらいショックで、病院の対応が極めて冷淡に思えました。
 
 再びかかりつけの医師にお願いして、某大学病院に紹介状を書いてもらいました。生憎の雪の降る日、また救
急車で。 まだ何か治療の方法があるのではないかと、いくらかの望みを持って行ったのですが、受け入れられな
いと言われました。 しかし病巣の状況についてはっきり確認したいこともあり、入院させてくれるよう強く頼みまし
た。大学病院は治療をするところなので、治療できない患者は受け入れられないと言うような説明でした。
結局検査入院のような形で、ベッドを与えられました。MRIを撮り明らかに悪性腫瘍であること。腎臓や心肺機能
が弱っていて、手術はもとより抗癌剤の投与もできないことなどが告げられました。点滴などで幾分落ち着いてき
たけど、相変わらず痛みをこらえ、断続的に苦しみました。この病院に連れてくるにあたっては、本人には悪性か
どうか調べてもらい、必要なら手術をしてもらうからと話してありました。 告知があって2・3日後に手術ができない
ことを本人に話しました。癌であることはまだ言ってません。生きることを諦めてほしくなかったから。
 
 つぎは、また転院先を考えなくては。 はじめてホスピスのことが頭に浮かんできました。大学病院の医療相談
室で事情を話し、ホスピス病棟を持っているところを教えてもらいました。 直ちに、電話でその日の出ケ丘病院と
連絡をとり申し込むことにしました。 翌日、主治医に転院の希望を告げ、所見などが書かれた紹介状とMRIのデー
ターなどをもらい、手続きをしました。 ホスピスでの受け入れに関する会議の結果が出るのは2週間後。大学側に
も状況を説明し、それまでさらに入院を延長してもらいました。 母には、治療ができないことを告げ、痛みをとってく
れる病院に移る旨を話しました。 この時点で母はすべてを察知したものと思われます。

 日の出ケ丘病院は、すでに3年近い緩和ケア医療の実績があり、患者・家族側の状況を十分踏まえた説明を受
け、受付け手続きも行き届いたものでした。 ここでは余命6ヶ月以内と推定される場合で、身体的、精神的痛みの
緩和ケアを受けることができる。単なる延命治療は行われない。 家族へのいろいろな配慮も考慮されている。 ス
タッフは、医師・看護師・ソーシャルワーカー・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・栄養士などが連携し
た体制で取り組む。さらに、後で知ることとなったが様々のボランテイアの活動が有難い。 一方、施設もゆとりをもっ
た快適な病室、パブリックスペースには家族用の宿泊室・調理室・談話室・ピアノを備えた小ホールなど。 我が家
の場合、それをあまり使うこともなかったが、家族にとってはそういう施設があること自体とても心強いものでした。
日の出ケ丘病院から受け入れが了承されたとの連絡があり、すぐに緩和ケア担当の医師,看護師、相談室の関係者
の面接と説明を受けました。それまでの病院とは違う(あるいは逆の)暖かい姿勢を感じ、心からこれからのことをお
願いをしました。・・・・・・・・・しかし、母の病状については、大学病院でもすでに何が起こってもおかしくない状態にあ
ると言われてきたので、家族もそれまでずっと緊張が続いていました。 搬送車でホスピス病棟に着いたときは安堵
し、母も家族も「痛みが取れる」と思うと一層安らかな気持ちになりました。 12月25日のことでした。 
それから少しずつ身体が楽になっているようで、子供や孫・曾孫などを認識し、返事を返したり、有難うと言ったりす
る余裕が出てきたようでした。夜間も近親者が交代で付き添いました。・・・・・・・12月29日深夜静かに永眠。

 母には男2人、女3人の子供がいます。晩年の4・5年はこの子供たちで分担して身の回りの世話や介護を
してきました。 (施設のお世話になることはむしろ少なかった。)入院中にあっても、協力してきました。あまり
口に出していう人ではなかったが、母が心強く思っていたのは確かで、何かにつけて、「有難う。」「ご苦労さん。」
と言ってました。 また、母の最期を見取ることで、兄弟・姉妹・義兄弟・義姉妹が一つになれたことは、よかった
し、母の最期の贈り物だった気がします。 49日の法要のあと、一同全員で一泊の追悼旅行にも行きました。
・・・・・・ひとつ悔いが残るとすれば、大学病院で告知があった時点で、母の生きることについて、考えるべきだ
った。データーがはっきりしているのに、手をこまねいている時間があった。ホスピスへの転院があと2日でも早
かったら、それだけ(多分)安らかな日々が送れたのに。

今年(2003)10月に日の出ケ丘病院から、「偲ぶ会」の招待を受けました。理事長・スタッフ・ボランテイア・遺族
が一堂に会しひと時を過ごす。多くの人が同じ思いで闘っていて、また今でも涙して言葉にならない人もいること
を知りました。理事長・院長・主治医の挨拶も現医療体制のひずみを埋めるという使命感を思わせる力強いもの
でした。 私も機会があればホスピス・緩和ケア病棟の存在を一人でも多くの人に語ろうと意を新たにしました。
 (2003.10.長男 健 記)



ホスピス」又は「緩和ケア病棟」について、詳しく知りたい方へ!   
   
   ホスピス(または緩和ケア病棟)について知りたい方は、下記の情報を参考にしてください。
     
* ホームページは   「Hospice」又は「ホスピス」で検索すれば様々なサイトが出ます。
 
* 全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会のホームページ : http://www.angel.ne.jp/~jahpcu/
  (概要・解説のほか、会員病院(100箇所以上)の名簿、小冊子ホスピスってなあに?の入手方法などが
   掲載されている。)
 
* 書 籍
 
 1 厚生省・日本医師会編     末期医療のケア -がん末期医療に関する  (中央法規出版発行) 1989年出版
                                  ケアマニュアル-
 2 山崎 章郎 著          病院で死ぬということ               (主婦の友社発行)   1990年出版
   
 3 世界保健機関・武田文和著  がんの痛みからの解放とバリアテイブ・ケア (金原出版発行)    1993年出版
                      -がん患者の生命へのよき支援のために-
 4 サンドル・ストダート 著    ホスピス病棟から                  (時事通信社発行)   1994年出版

 5 世界保健機関・武田文和著  がんの痛みからの解放 -WHO方式がん  (金原出版発行)    1996年出版
                      疼痛治療法
 6 武田文和・斉藤武 共著    緩和ケア実践マニュアル             (医学書院発行)    1996年出版

 7 高宮 有介 著          がんの痛みを癒す                 (小学館)        1996年出版

 8 柏木 哲夫 著          死を看取る医学 -ホスピスの現場から-   (日本放送出版協会発行)
                                                                 1997年出版
 9 谷 荘吉・錦織 葆 共著    最新ホスピスQ&A100             (東京書籍発行)     1999年出版
 
10 川辺 貴子・山崎 章郎共著  河辺家のホスピス絵日記 -愛する命を    (東京書籍発行)    2000年出版
                      送るとき-
11 桜町病院ホスピス・聖ヨハネ  ホスピスハンドブック                (講談社発行)     2000年出版
   ホスピスケア研究所 編
      

top Home Mail