青梅市の美術館・博物館・資料館

 HOME

  Hp Contents

Home


館 名          概      要         
外 観
蔵御嶽神社
宝物殿には、国宝−赤糸縅大鎧・金覆輪円文螺鈿鏡鞍、国の重要文化財−
紫裾濃大鎧・鍍金長覆輪太刀・宝寿丸黒漆鞘太刀、国の重要美術品−鉄製俵
・正中年間宝寿の銘がある太刀、東京都有形文化財−鰐口など多数の貴重な
文化財が展示されています。

JR青梅線 御岳駅 >バス20分>ケーブルカー10分>徒歩35分
玉堂美術館 川合玉堂(青梅市名誉市民)は、若い頃から奥多摩の自然を愛し、昭和
19年疎開してから84才で生涯を終えるまで奥多摩の地で数々の名作
を発表し続けました。この玉堂を記念して昭和36(1961)年に建
てられました。杉木立に囲まれ、日本風の落ち着いたたたずまいを見せ
てくれます。ここから眺める眼下の多摩川の清流は、ひときわ美しく、
禅風の幽寂な石庭にマッチして映えます。館内には、玉堂の作品をはじ
め、画室・遺品などが展示されています。

所在:青梅市御岳1-75    開館時間:10-16.30(入館16.00まで) 
              休館:月曜日(年末年始)
  大人・大学生  500円(400円) ,中・高校生 400円(300円)
小学生  200円(150円) *( )は20名以上の団体料金 
電話 0428-78−8335  最寄り駅:JR青梅線 御岳駅            
Photo
吉川英治記念館 吉川英治(青梅市名誉市民)は、昭和19(1944)年にこの地に疎
開してきました。かっての庄屋屋敷にはいり草思堂と名付け、ここで執
筆を始めました。約10年間滞在し、この間、「新平家物語」などを執
筆しました。後に同氏をを記念して草思堂の隣にこの記念館が建てられ
ました。遺愛の品・原稿や著書の数々が展示されており、毎日多くの人
が訪れています。

所在:青梅市柚木1-101    開館時間:10-16.30(入館16.00まで)
               休館:月曜日(年末年始) 
               大人-500円 学生-400円 小学生-300円 
               団体割引あり          
電話 0428-76-1575  最寄り駅:JR青梅線 二俣尾駅・石神前駅  
御岳山休憩所
(ビジター
センター)
御岳山は昭和25(1950)年に、日本で16番目に指定された
秩父多摩国立公園の一部です。鉄筋2階建てのセンターは、御岳山を
訪れた人たちに国立公園の概要を説明し、科学的な知識を持ってもら
おうと設立されました。

所在:青梅市御岳38-5    開館時間:10-16.00
              休館:月曜日(年末年始)
           無料
電話 0428-78-9363  最寄り駅:JR青梅線 御岳駅−バス−御岳
                        登山鉄道    
Photo
武蔵御嶽神社宝物殿 武蔵御嶽神社の貴重な宝物が納められている。赤糸縅大鎧・金覆輪円文
螺鈿鏡鞍、国の重要文化財−紫裾濃大鎧・鍍金長覆輪太刀・宝寿丸黒漆
鞘太刀、国の重要美術品−鉄製俵・正中年間宝寿の銘がある太刀、東京
都有形文化財−鰐口など多数の貴重な文化財が展示されています。

所在:青梅市御岳山176    開館時間:10-16.30(無休)
           大人-200円 子供−100 団体割引あり
電話 0428-78-8500  最寄り駅:JR青梅線 御岳駅−バス−御岳
                        登山鉄道
Photo
医学文化館 長年にわたり東京都文京区の「金原出版K.K.」により管理・運営されてきまし
たが、残念ながら閉館となりました。
青梅鉄道公園 鉄道開通90周年を記念して、昭和37(1962)年に開園しました。
敷地内にはC51・D51などの蒸気機関車や展望車、新幹線車両など
が置かれ、自由に乗って遊ぶことが出来ます。記念館内にはパノラマ鉄
道模型や鉄道に関する色々なものが展示されています。子供たちはもち
ろん大人にとっても興味深いものがあります。

所在:青梅市勝沼3-155    開館時間:9-17.00(入館16.00まで)
               休館:月曜日(年末年始)
            100円
電話 0428-22-4678  最寄り駅:JR青梅線 青梅駅          
Photo
青梅市郷土博物館 緑に恵まれた多摩川のほとりに昭和49(1974)年に開館しました。
展示室。会議室・収蔵庫などがあり、年に数回特別展などを開いて郷土
の啓蒙につとめています。市内の遺跡からの出土品、青梅市有形文化財
旧宝林庵文書などの多くの古文書、地機、青梅縞など色々な分野の資料
を所蔵しています。

所在:青梅市駒木野1-684  開館時間:9-17.00
              休館:月曜日(年末年始)無料
電話0428-23-6859  最寄り駅:JR青梅線 青梅駅
Photo
青梅市立美術館 多摩地区における最初の市立美術館として、昭和59(1984)年に
開館しました。日本画・洋画。彫刻・工芸・書など郷土作家を中心に
近代美術の優れた作品が展示され、また、各種企画展も開催されます。
さらに小島善太郎美術館も併設されています。

所在:青梅市青梅1346     開館時間:9-17.00(入館16.30まで)
               休館:月曜日(年末年始)
               大人-200円 子供-50
電話0428-24-1195  最寄り駅:JR青梅線 青梅駅  
Photo
御岳美術館    この美術館は、たましん歴史博物館の分館で、近代の絵画・彫刻・陶芸  
・工芸の展示・調査・研究などの活動を行っています。隣接して「せせ
らぎの里」があり、憩いのひとときを多摩川の渓流を眺め、コーヒーを
味わいながらこれらを鑑賞できます。近代美術が中心で、1階には荻原
守衛(碌山)、高村光太郎、の名作が、2階には浅井忠、岸田劉生、佐
伯祐三などの絵画、3階には倉田三郎の「世界の旅シリーズ」が展示さ
れています。

所在:青梅市御岳本町1-1  開館時間:10-16.00
              休館:月曜日(年末年始)
              大人-300円 学生−200円 子供−150円
              団体割引あり
電話 0428-78-8814  最寄り駅:JR青梅線 御岳駅
Photo
青梅きもの博物館 日本の伝統文化である「きもの」の博物館。近代のものが中心。吉野梅   
郷の一角にひっそりと建っています。元皇族の宮廷衣装と江戸時代の大
名、公家、武家及び庶民まで、実際に着用していた衣装を展示。とくに、
梨本殿下と同宮妃の衣冠、十二単は近世の宮廷服として文化的価値が高
いとされています。駒込和装学院の管理・運営。ホームページもご覧くださ い。
Hp ・・・・http://www3.kitanet.nejp/~kimono
所在 青梅市梅郷4-629  開館時間:10-16.00
           休 館:月−木曜日(年末年始)    
              大人-800円 子供−500円 
電話 03-3821-2341(駒込和装学院)  最寄り駅:JR青梅線日向和田駅
Photo
澤乃井
櫛かんざし美術館
地元の澤乃井酒造の設立であり、江戸から昭和までの櫛とかんざし
を中心に、紅板・はこせこ・かつら・矢立など約4000点が収蔵されて
いる。展示室には常時400点が並べられている。また、季節にあわせた   
展示替えが行われる。多摩川の渓谷の上に位置し周囲の景観もよく、
この館にも憩いの場所としての配慮がなされている。

所在 青梅市柚木町3-764-1  開館時間:10-17:00
             休館:月曜(年末年始)
             大人−800円 学生−600円 子供−400円
電話 0428-77-7051  最寄り駅:JR青梅線 沢井駅
          
Photo
昭和レトロ商品博物館 昭和時代に我が国で消費してきた商品(菓子・飲料・雑貨・文具・くすりなど)
の包装物資料を展示してある。「パッケージは文化である」という視点にたつ
て、昭和B級文化研究家串間努氏の蒐集資料を中心に集められている。
このほか、映画看板絵師久保板観氏の部屋や喫茶室が設けられている。

所在 青梅市住江町65   開館時間:10:00-17:00
                 休館:月曜 (年末年始)
                 大人-200円 小・中学生-100円
電話 0428-20-0234  最寄り駅:JR青梅線 青梅駅
青梅赤塚不二夫会館 「赤塚不二夫と青梅」・「赤塚不二夫と昭和」・「元気な天才赤塚不二夫」・
「赤塚不二夫の青春時代」・赤塚作品原画展示」・「赤塚不二夫資料館」
のコーナーが設けられている。
所在 青梅市住江町66  開館時間:10:00-17:00
                 休館:月曜 (年末年始)
                 大人-400円 小・中学生-200円
電話 0428-20-0355  最寄り駅:JR青梅線 青梅駅

* 青梅教育委員会編:「青梅を歩く本」を参照
矢印赤 Home 矢印青 Map 矢印緑 List